安達知江 第4回 韓国と旅、そして岡山のものづくり | SOUQ ZINE スークジン

安達知江 第4回 韓国と旅、そして岡山のものづくり

安達知江 第4回 韓国と旅、そして岡山のものづくり
キルンワークという独特の手法でガラス作品づくりをする安達知江さん。最終回は、仕事の合間に楽しんでいる韓国への旅や、最近盛り上がりを見せている岡山のクリエイティブについて語っていただきました。
SOUQ
個展もかなりの数をやってらっしゃるので、その出品作品をつくるだけでも、かなりの数になるんじゃないですか?
安達
もういっぱいいっぱいです(笑)
SOUQ
個展やイベントなどは、つくらないといけないという大変さはあると思うのですが、いろいろな方に会えるとか、そういうよさもあったりするのですか?
安達
それはもちろんですね。年がら年中、この山の中のアトリエにいるので、人とお話しできたり、社会とのつながりの場なので(笑)、意義は絶対あります。
安達知江
SOUQ
だいたい年にどれぐらい出展されているのですか?
安達
覚えてないなあ…。
SOUQ
覚えられないぐらい結構な数ということですね。
安達
個展ではないにしろ、1、2カ月に1ー2つはなにかしらがあるという感じですね、今年は。
SOUQ
それはかなり多いですね。
安達
去年は自分の限界を見極めてみようという年に設定していて。自分の体力と作品のつくるペースがどこまでならセーフなのか、体も心も充実していたのでいい機会だ、と、それを見極めようと思っていました。
SOUQ
ギリギリまで挑戦してみたということですね(笑)。限界はわかりましたか?
安達
去年の私はバカでしたね。
安達知江
SOUQ
(笑)。じゃあ、今年は少し抑え気味に、ですかね?
安達
そうですね。去年よりは抑えています。さらにもう少しずつ抑えていきたいなと最近は思っています。

岡山から韓国へ直行!

SOUQ
ふだんの制作時間というのはどれぐらいなんですか?
安達
朝8時から夜の9時くらいまでです。展覧会近くになるともっと遅くなりますけど。
SOUQ
結構長いですね。
安達
グワーっと体を動かすわけでなく、ずっとここで淡々と型をとったりとかガラスを削ったりしてるので…まあマラソンと思えば。
SOUQ
マラソン風制作スタイルなんですね!
安達
そうです。ずーっとやり続けてるだけでいいので。それを何カ月も続けています。いま1年のうち、ほとんど休みはないですね。
安達知江
SOUQ
休みなしですか…すごい。
安達
いまはそれでいい。でもずっとアウトプットばかりしてるので、インプットする時間も絶対必要だと思うので、仕事を少しセーブして、そういう時間をとりたいなと思っています。
SOUQ
もしインプットをする時間ができた時には、なにをやってみたいですか?
安達
旅行に行きたいです。
SOUQ
いまはまとまった休みがないから行けてないですもんね。
安達
まあでもチャッと行ってますが(笑)。
SOUQ
そうなんですか!どちらのほうへ?
安達
私、韓国好きなんです。K-POPが好きで。
SOUQ
アトリエの中にSHINeeの大きなポスターが貼ってありますもんね。
安達知江
安達
そうなんです。学生の頃からずっと好きで。岡山から韓国に行くのって、もう東京行くのと時間もお金もあまり変わらないんですよ。岡山空港から毎日直行便が出ていて、復路は朝帰ってくる便なので、1泊1日ぐらいの旅程でいけるんです。昼にソウルへ行って夜にコンサートを見て、次の日の朝帰って来て、そのまま制作にかかるみたいな。
SOUQ
なるほど。それはそんなに時間も取られず、いいリフレッシュになりますね。
安達
空港は、ここからクルマで35分ぐらいなので便利ですしね。
安達知江
安達知江「韓国のデザインもすごく好き」という安達さん。骨董街などにも足を運び、手に入れた韓国のスーべニール。
SOUQ
それはいいですね。これから休みがまとめて何日間か取れたら、韓国以外で行ってみたいところはありますか?
安達
海外だと、タイとかベトナムとか東南アジアに興味あります。ヨーロッパなどは文化としては成熟していて、古いものも洗練されたものも見られますよね。それよりもアジアのいい意味で隙みたいなものが好きなんですよね。
SOUQ
隙ですか。それって、安達さんの作品にも通じているような気もするのですが…。
安達
ちょっとあるのかもしれないですね。完璧にピカピカにというようなものにはあまり惹かれなくて、なんかどこかゆらぎがあったり、隙間があったりとか、そういうものが好きなんですよね。

これからの岡山のものづくり

SOUQ
東南アジアに旅して帰ってきたら、また新たな発想や方向性が生まれてくるかもしれませんね。
安達
かもしれないですね…あっ、新作の「居酒屋グラス」は韓国や台湾に旅したときに発想したものですね。
SOUQ
居酒屋グラス? それはまたなんでですか?
安達
韓国や台湾の街中で既製品のグラスがあるじゃないですか? そのサイズでつくったグラスなんですよ。
安達知江安達さんの新作「居酒屋グラス」。
SOUQ
ちょっとありそうでないサイズ感でいいですね。ロウソクの絵もいい。
安達
ちょっと架空の居酒屋みたいなものをイメージして、このグラスをきっかけに食器として展開していったら面白いかな。うつわもストーリーをもたせたら自分らしいかなと思って。
SOUQ
居酒屋はお好きなんですか?
安達
いや、そんなに行かないですけどね(笑)。でも旅先では行っちゃいます。
SOUQ
最近、岡山でものづくりが活気づいているような気がするのですが…。
安達
最近作家さんが移住してくるというケースが多くて。私が知っているだけでも結構な人数です。その移住者が移住者を呼ぶ、みたいな。
安達知江
SOUQ
“晴れの国”っていうぐらいだから、気候的にもものづくりに向いているのかもしれませんね。
安達
どうなんでしょうね。まあ家賃は安いと思いますけど(笑)。あとは岡山って交通の便がめちゃくちゃいい。四国にも行けるし、山陰にも行けるし、関西にも近い。交通の要所なんですよね。岡山に移住してきた人たちと元々あるコミュニティが交われば面白いと思うんですけどね。
SOUQ
そこはまだこれからなんですかね?
安達
だと思うんですけど…。ずっとここにいて出歩かないんで、そういう動きもきっとあるんでしょうけど、わからないです(笑)。ダメですよね、そういうの(笑)。すごく素敵な作品をつくられる方が大勢移住してこられたので、外の感覚と地元の感覚が交わればいいなあと思います。

取材・文/蔵均 写真/桑島薫

Creator/Brand

安達 知江(あだちともえ)

ガラス作家

安達 知江(あだちともえ)

岡山県の山の中で、自然に囲まれた小さな工房でガラスのオブジェや器を制作。キルンワークという技法を使い、身の回りのささやかな出来事を作品にしています。

Recommend Magazine

おすすめの記事

Browsing History

閲覧履歴