ARRO(アロー)第3回 刺繍だから実現できた ユニークなデザイン | SOUQ ZINE スークジン

ARRO(アロー)第3回 刺繍だから実現できた ユニークなデザイン

ARRO(アロー)第3回 刺繍だから実現できた ユニークなデザイン
魅力的なアイテムを生み出しているクリエイターにお話をうかがう「ピックアップクリエイター」。〈ARRO〉のデザイナー・渡辺奈菜さんの第三回は、機械刺繍という手法について。ほかの素材では叶わない刺繍ならではの魅力やメリットについてお話をうかがいました。
SOUQ
〈ARRO〉のアイテムは、色彩も独特ですよね。
渡辺
そうかもしれませんね。1つの形に対して、数種類の色違いで展開するようにしているんです。ありがたいことに、色違いで買ってくださるお客様もいらっしゃいます。
SOUQ
確かに、色違いで欲しくなりますね。左右で色を変えて着けるのも楽しそうですし。
渡辺
そういう楽しみ方もいいですね!
SOUQ
色は、どの時点で決めるんですか?
渡辺
時間をかけて形を決めた後ですね。糸の色見本を見ながら、色の組み合わせを考えて、パソコンで色付けして見てみるんです。
ARRO
SOUQ
わぁ、糸の色ってこんなにたくさんあるんですね!青の中にも絶妙ない色の違いがあって、見ているだけでうっとりします。
渡辺
パソコン上で大まかなカラーリングを決めたら、必ず実際に刺繍したサンプルを出してもらっています。糸は、光の当たり方によっても色の印象が全然違うんですよ。
ARRO

工場との出会いがクリエイティブ欲を掻き立てた

SOUQ
ところで、刺繍という手法は最初から決めていたんですか?
渡辺
そうですね、最初からといえば最初からですね。でも、もともと刺繍が好きで、刺繍で何かを作りたかったというのとは、少しだけ違うかもしれません。
SOUQ
というと……?
渡辺
わたしはもともと、テキスタイルを作ったり洋服のデザインをしたりしていて、その関係でアパレル関係の展示会にもよく足を運んでいたんです。そこで、たまたまいいなと思う刺繍の工場と出会ったんです。
ARRO
SOUQ
他の刺繍の工場とは何がちがったんですか?
渡辺
刺繍って、ニュアンスですごく印象が変わるものなんです。だから、素朴なほっこり系にもなりやすい手法なんですよね。でも、そこの工場は、ワッペンの刺繍を得意としていて、仕上がりがきれいだなと思ったんです。それに、立体的な表情の刺繍にもトライされている工場だったので興味を持って。
SOUQ
一緒にものづくりをしてみたい、と?
渡辺
はい、この工場と出会ったことによって、刺繍で作ってみたいものが出てきたっていう感じですね。工場のものづくりにインスパイアされたというか。
ARRO
SOUQ
工場のものづくりからアイデアが広がるっていうのは、おもしろいですね。
渡辺
それは今もそうで、工場の方と相談したり今まで工場が手がけてきたものを見せていただいて、イマジネーションが膨らんでいくこともあります。
SOUQ
一緒に作っている感じですね。
渡辺
まさにそうなんです。もちろん、お互いに苦手なところがあったり、こちらのイメージがなかなか伝わらなかったり、ということもあるのですが、ものづくりをし続けながら商品の質が上がっていっているところはあるのかもしれません。

刺繍だから実現できた表情と表現

SOUQ
こうして〈ARRO〉のアイテムを見せていただくと、糸の走り方でこんなにも表情豊かになるということに驚いてしまいます。
渡辺
そうですよね。刺し方でいろいろな表情が作れるっていうところが、刺繍の魅力だと思います。一見、平面的に見えていても、よく見ると立体的なんです。原始的な手法ではあると思いますが、そういうところが刺繍のおもしろさだなぁ、と思います。
SOUQ
あと、刺繍って軽さもすばらしいですよね。
渡辺
そうですね。存在感がある大きなものを作りたくなってしまうので、そのサイズ感で着けた時のストレスがないっていうのは、いいところですよね。
ARRO
SOUQ
そうなんですよね。重さって、イヤリングやピアスをつける時には、重要ですもんね。〈ARRO〉のアイテムは、華やかさもありつつ、長い時間着けていても痛くないから、結婚式などおめでたい席やパーティーに参加するのにドレスアップするときにも重宝しそうな気がします!
渡辺
ゴージャス感もあるので、華やかな席にも合うと思います。ちなみに、これはこうしてくしゃくしゃっとすると、表情がかわりますよ。
ARRO
ARRO
SOUQ
わ、ほんとだ!おもしろいですね!
渡辺
つける時の上下を変えると印象が変わるアイテムもありますしね。そういう遊びを加えられるのも、こういう素材ならではかもしれません。
SOUQ
イヤーアクセサリーの楽しみ方が広がりますね!

取材・文/内海織加 写真/東泰秀

糸の重なりだからこそ繊細に表情が広がってゆく刺繍という手法。イメージにフィットする工場との出会いがなければ、今のような存在感のある〈ARRO〉のアイテムは、この世に生まれていなかったかもしれません。最終回は、デザイナー・渡辺さんにあらためてお聞きする〈ARRO〉の楽しみ方とブランド名に込めた想いについて。お楽しみに。

Creator/Brand

ARRO(アロー)

デザイナー

ARRO(アロー)

架空の国の装身具をテーマに、世界中のテキスタイルをヒントに現代的な解釈で デザインし機械刺繍で製作。 豊かな色彩と立体感のある形は実際に存在するものではなく、空想上の楽園に存在するものを自由に表現。

Recommend Story

おすすめのストーリー

Browsing History

閲覧履歴