『あなたの知らない文具の世界』 vol.05キャラクターの世界 | SOUQ ZINE スークジン

送料アイコンについて
ネコポス
全国一律385円(代引配送不可)
コンパクト
全国一律605円
通常配送
924円~(お届け地域による)

『あなたの知らない文具の世界』 vol.05キャラクターの世界

『あなたの知らない文具の世界』 vol.05キャラクターの世界
―文具。
それは、実に奥深く、魅惑の世界。
一度ハマったら抜け出せない沼の世界。

この連載では、文具を創り出す人と、
既に文具の沼にハマっている沼人(ヌマビト)たちにお話を伺います。

連載第5回となる今回は、キャラクターの世界をご紹介。
自身の中にある独特の世界観を表現したキャラクターは、
背景を知れば知るほどおもしろい。

まだ知らない文具の世界へと、あなたを誘います。

■第一章~キャラクター作家対談~

『あなたの知らない文具の世界』 vol.05キャラクターの世界

第5回目のテーマは「キャラクター」。対談にご協力いただいたのは、恋に恋するおてんばな女の子レモンちゃんと、白くてやわらかいお友だちシュガーくんを描く『レモン&シュガー』さんと、極楽浄土や黄泉の世界、トラディショナルなチャイナテイストをテーマのブランド『メイドイン極楽』のクリエイターギブミ~!トモタカさんです。

ご自身のキャラクターから、日々、作品やグッズを生み出しているお2人から「キャラクターの魅力」について語っていただきます!

SOUQZINE編集部(以下SOUQ)
本日はどうぞよろしくお願いします!沢山お話を聞かせてください!

レモン&シュガー(以下レモン)
よろしくお願いします!

メイドイン極楽! ギブミ~!トモタカ(以下トモタカ)
よろしくお願いします!

SOUQ
早速ですが、お2人のキャラクターについて教えてください!
『あなたの知らない文具の世界』 vol.05キャラクターの世界
レモン
『レモン&シュガー』は、レモンちゃんとシュガーくんという2人のキャラクターの、甘くてちょっと酸っぱい世界を表現しています。

レモンちゃんとシュガーくんは、見た目も性格も対照的なキャラクターになっているんです。例えば、酸っぱい「レモン」と、甘い「シュガー」で名前が反対。性格も、レモンちゃんはお転婆で元気いっぱいなのに対し、シュガーくんはシャイで物静か。見た目も、顔の比率が横長・縦長だったり、目鼻の位置や大きさバランスも正反対になっています。
SOUQ
すごい…!背景にあるこだわりを聞いたうえでキャラクターを見ると、私たちのキャラクターの捉え方も変わりますね。トモタカさんはいかがでしょうか?
『あなたの知らない文具の世界』 vol.05キャラクターの世界
トモタカ
『メイドイン極楽』は、趣味の延長のように、好きなものを詰め込んだブランドです。子どもの頃からカートゥーンアニメが好きで、海外アニメ特有のざっくりしたデフォルメや派手な色使いで世界観をつくり上げています。最近では、中国の伝統的なデザインに魅了されていて、作品に反映させています。そのとき自分が「いいな」と思ったものは、何でもデザインに取り入れちゃうんですよね。

好きで作っていたものが、だんだん認めていただけるようになって、いつの間にか今の形になっていて、ファンの皆様にはとても感謝しています。
SOUQ
いつの間にかファンができていた、というのは、それだけ人々が惹きつけられるキャラクターや作品の世界観であるということですよね!『レモン&シュガー』は、どのようにして生まれたのですか?
レモン
大学時代に3DCGを学んでいたのですが、当時作った作品が国際アニメーション映画祭に招待されたことがあり、そこで世界の作品に衝撃を受けました。それをきっかけに言葉や文化を超えて、世界中から愛されるような動くキャラクターを作りたい!と思うようになり、オリジナルのキャラクター『レモン&シュガー』を作りました。余談ですが、トモタカさんも私も、多摩美術大学グラフィックデザイン学科に通っていたんですよ。
トモタカ
『レモン&シュガー』さんは、先輩です!
SOUQ
ええ!そうだったんですか!偶然ですね。お2人とも、もともと美術やデザインが好きだったり、興味があったのですか?
レモン
絵を描くのは得意だったと思います。図工の授業が好きだったし、絵を描くのも大好きでした。高校3年生の夏になって、進路を決めるとき、先生から美大を勧められたことをきっかけに、美術予備校に体験入学してみたんです。そこに通うなかで、すごく話が合う仲間と出会って、そのとき、「自分の居場所を見つけた!」とすごく嬉しかったことを覚えています。そこから、美術の世界まっしぐらでした(笑)
トモタカ
私も絵を描くのは得意だったと思います。小さい頃からスポーツもやっていましたが、評価されるのはいつも絵でしたね。高校から、ずっと好きだった美術の道に進んで、美大に進学。大学では、デザインの中でも表現に近い分野の学科で学んでいました。私も、美術の沼にどっぷりです(笑)
SOUQ
昔から美術の世界に魅了されていたんですね。お2人のイラストは、それぞれ特徴的で、色使いが華やかで目を引きます。今のこの世界観にはどのように行き着いたのですか?
レモン
実は、ブランド名の『レモン&シュガー』は、レモネードの原料なんですよね。「人生に酸っぱいレモンが転がってきたら、それをレモネードにして飲んじゃおう」というレモネードにまつわる名言がお気に入りで、いまのブランドの世界観のベースになっています。「困難にぶつかっても挫けずに、それをよいことに捉えよう」というメッセージを、『レモン&シュガー』を通して伝えられたら嬉しいです。
『あなたの知らない文具の世界』 vol.05キャラクターの世界
それに、「自分にしかできないことをしたい!」という気持ちもあって、模索した結果、黄色とブルーの絶妙なバランスでできている“ミントブルー”の色を見つけました。明るくてポジティブなイメージの黄色、静かなイメージのブルーの掛け合わせで、『レモン&シュガー』にもぴったりな色だと感じています。レモネードと同じで、「人生は甘いだけではなく、時に酸っぱさもあるから味わい深いもの」という意味を込めてこの色にしました。
トモタカ
色使いから、キャラクターの表情ひとつひとつまで突き詰めて考えられていて、本当に「完成された作品」だなあ、と改めて思います。
レモン
いやいや、私もトモタカさんの作品を見て「細部まで完成されているなあ」と常々思っています。
SOUQ
両想い…。
一同
爆笑
トモタカ
私の世界観はやっぱり海外のカートゥーンアニメの影響が大きいです。あとは、そのときそのときに自分が好きなもの、いいと思えるものを、遠慮なくたっぷり作品に反映させてきた結果、いまの世界観にたどり着きました。ファンの方の反応も、私の好きなことをやっているほうが断然良いんですよね。
SOUQ
と、言うと…?
『あなたの知らない文具の世界』 vol.05キャラクターの世界
トモタカ
大学1年生くらいから、描いたイラストをSNSに投稿していたら、少しずつ“いいね”をもらえるようになっていったのですが、色使いに関してはずっと悩んでいて。「どうしたら、良いと思ってもらえるだろう?」と思考錯誤していたのですが、結局、ふりきって、“自分の好きな色”を使うようにしていったら、自然と評価もあがっていったんです。なので、いまはあまり評価などは意識しすぎず、自信をもって自分のスタイルを発揮するようにしています。
SOUQ
自分の“好き”を突き詰めていくスタイル、かっこいいです。ファンの方も、このスタイルそのものに魅了されているのかもしれないですね。
トモタカ
”好き”を詰め込んだ、『ギブミ~!トモタカ』らしさ、その唯一無二の感覚をファンの方に気に入っていただいていると感じます。実際イベントなどでファンの方に会うと、雰囲気や服装が私のイラストの感じと似ているんですよね。そういうのを見ると、本当に嬉しくなります。
『あなたの知らない文具の世界』 vol.05キャラクターの世界
私のインスタはフォロワーさんが10万人くらいいて、その内の7割は海外の方なんです。イラストの中には日本語や英語、中国語が入り混じっているのですが、そういう言語の壁を超えて伝えることができるのが、キャラクターの魅力ですよね。
レモン
『レモン&シュガー』も実は、初お披露目の場は、台湾でのイベントでした。
『あなたの知らない文具の世界』 vol.05キャラクターの世界 台湾でのイベントの様子
その次が、ご縁があって、アメリカのロサンゼルスで、日本はその後。トモタカさんのおっしゃるように、キャラクターは言葉がなくても伝えられる表現ができるので、シンプルに海外の方にも届いたのかなと思います。
『あなたの知らない文具の世界』 vol.05キャラクターの世界 ロサンゼルスでのイベントの様子
SOUQ
今回のお2人の話を聞いて、キャラクター沼にハマる人も多そうです。逆に、お2人が“沼人”になっている世界はありますか?
レモン
私は、文具やアートではないですが、機材の沼人ですね。キャラクターを洋服やバッグにプリントするのも、ただプリントするだけでなく、その方法にもこだわりたくなっちゃうんです。『レモン&シュガー』のグッズを、あれも作りたいこれも作りたいと言っているうちに、機材もどんどん増えているのは、ここだけの内緒の話です(笑)
SOUQ
次に『レモン&シュガー』の新作グッズが出たら、キャラクターの表情や色使いだけじゃなくて、印刷技法まで気になってしまいそうです。
トモタカ
私は、中国の作家さんの作品や、骨董品のような派手なものを集めるのが好きです。ピカピカしていたり、形が好みだったりとか、とにかく自分の”好き”の評価基準で選んでいます。

部屋は、もう自分の作品とコレクションでいっぱいです。少々値をはるものもありますが、「全部、今後の作品づくりのための自分の資料なんだ!」と言い聞かせて買っています(笑)
SOUQ
『レモン&シュガー』、『メイドイン極楽』のどちらも、作家さんのこだわりが細部にまで詰め込まれていて、お話を聞く前と後では、キャラクターの魅力がさらに引き立ってみえてきます。表情ひとつひとつを楽しんでいきたいと思いました。

本日は、ありがとうございました!
レモン
ありがとうございました!
トモタカ
ありがとうございました!

■第二章~文具の世界の住人ご紹介~

第二章では、既に文具の沼の奥深くへと沈み込んでいる沼の住人をご紹介します。

◯ほぼ日手帳デコが楽しくてかわいい「pon.」さん

マスキングテープや手書きイラスト、模様紙などをつかって、日々の記録をされています。

『あなたの知らない文具の世界』 vol.05キャラクターの世界
SOUQ
pon.さんにとって文具の魅力とはなんでしょうか?
pon.
私の中で文具は、いつでも、どんなときでも“癒してくれる”アイテムです。仕事終わりの夜に1日1ページ、ほぼ日手帳にデコることが良いリフレッシュになっています。10~20分程度で1ページが完成するので、無理なく続けられていますし、その日あった出来事を書いたりもするので、1日の振り返りの時間にもなっています。文具に触れているこの時間が、大切な日々のルーティンです。
『あなたの知らない文具の世界』 vol.05キャラクターの世界
SOUQ
文具が、大切な時間を生み出しているって、なんだかとても良いですね。
pon.
それに、文具は老若男女が楽しめることも魅力だと感じています。文具と一括りに言っても、文具の中で好きなジャンルというのが皆それぞれあるかと思います。私はシールとマスキングテープが特に好きですが、書くことが好きな人は万年筆やインクをたくさん集めていたりもしますよね。人それぞれに楽しめるのも文具らしいところだと思います。文具は、きっとこれから何十年先もずっと大好きな趣味です!
SOUQ
pon.さんが文具と過ごす時間が、充実するように、編集部一同願っています!pon.さんが文具沼にハマったきっかけを、ぜひ教えてください。
pon.
小学生の頃から文具が好きでシールやメモ帳などを集めていたので、気付いたら1番長続きしている趣味になっていた、という感じです。その頃から手帳に日記を書いたり、チケットの半券を貼ったり、何でも記録に残したいタイプでした。昔からやること変わってないなあと思っています(笑)社会人になってからは自由に使えるお金も増え、いろいろな文具を買い漁ってどんどん沼が深くなる一方です(笑)
『あなたの知らない文具の世界』 vol.05キャラクターの世界
SOUQ
社会人になって、昔我慢していた文具に投下…(笑)文具の沼人あるあるですね!
pon.
あるあるです(笑)最近だといつも見ているmizutamaさんのインスタライブで文具の魅力や文具の使い方を伝授していただき、元々好きだった文具がさらに大好きになりました。私がInstagramに投稿している手帳デコもmizutamaさんの素敵なアイディアをたくさん参考にさせていただいています。
SOUQ
SOUQZINEでも文具の博覧会×mizutamaオリジナルグッズも販売しているので、ぜひチェックしてみてください!
pon.
もちろん、私は入手済みです(笑)

*文具の博覧会×mizutama コンプリートセットⅡ
https://www.souq-site.com/shop/g/gDTmizutama002/
※お支払いはクレジットカードもしくはAmazonPayのみとなります。
※ギフト包装はできかねます。

■エンディング

今回は、『あなたの知らない文具の世界』vol.05ということで、キャラクター作家さんの対談と、沼人のご紹介をいたしました。
文具は、まだまだ知らない魅力であふれています。

ぜひあなたが知っている文具の魅力について教えてください。

ぜひ、「#あなたの知らない文具の世界」をつけてインスタグラムで投稿したり、公式インスタグラム「@souq_bungu」をメンションしてくださいね。
SOUQ編集部があなたを見つけて、取材を依頼するなんてことがあるかも…?

そして!今回より新たに、SOUQZINE編集部の取材にご協力いただける「文具の沼人」を募集することとなりました。文具が好き!語りたい話がある!という方は、匿名でのご応募でもOKですのでぜひお気軽にご応募ください。

沼人からのご連絡、楽しみにお待ちしております!

▼応募フォーム
https://forms.gle/aQp69hLPQXGFMZuV7

次回は、「スタンプ」の世界をご紹介予定。
SOUQZINEはこれからも、あなたを文具の世界へとお連れいたします。次回もお楽しみに。

■SOUQZINEからのお知らせ

スークカンパニーがプロデュースするオリジナル文具ブランド「Buffet Style」、山形県在住の人気イラストレーター・消しゴムはんこ作家のmizutamaさんとコラボした「文具の博覧会×mizutamaコンプリートセットⅡ」を販売中! ぜひページをチェックしてください!

*Buffet Style
https://www.souq-site.com/shop/g/gMmonthlyoriginal1/

*文具の博覧会×mizutama コンプリートセットⅡ
https://www.souq-site.com/shop/g/gDTmizutama002/ ※お支払いはクレジットカードもしくはAmazonPayのみとなります。
※ギフト包装はできかねます。

■現在の文具の博覧会開催情報

さっぽろ文具の博覧会~ハッピーペーパーマーケット~」
11月9日(水)~14日(月)
午前10時~午後7時 ※最終日は午後5時閉場
会場:大丸札幌店 7階催場

かわごえ文具の博覧会mini~ハッピーペーパーマーケット~」
11月9日(水)~14日(月)
午前10時~午後7時 ※最終日は午後5時閉場
会場:まるひろ川越店 5階催事場

Recommend Story

おすすめのストーリー

Browsing History

閲覧履歴