上出長右衛門窯(かみでちょうえもんがま) 第1回 消えた九谷焼と窯のはじまり | SOUQ ZINE スークジン

上出長右衛門窯(かみでちょうえもんがま) 第1回 消えた九谷焼と窯のはじまり

上出長右衛門窯(かみでちょうえもんがま) 第1回 消えた九谷焼と窯のはじまり
さまざまな分野で活躍するクリエイターを紹介する「ピックアップクリエイター」。今回は九谷焼の窯の六代目として、若い感性をいかんなく発揮している「上出長右衛門窯」の上出惠悟さんに会いに、石川県能美市を訪れました。
SOUQ
九谷焼といえば金沢というイメージがありますが、実際どのような範囲でつくられているのですか?
上出
金沢よりも南側に産地が点在していて、金沢で焼いている人もいるし、能美市、小松市、加賀市で焼いている人もいる。金沢はどちらかといえば消費地という感じがします。もともとの発祥は加賀なんですよ。
SOUQ
山代とか山中のあるところですね。
上出
そうです。大聖寺川という川があって、それに沿ってずっと山を上がっていくと九谷村という集落があります。そこで大聖寺藩の大名の命令でつくっていたと言われるのが九谷焼。今でいうと古九谷って言うんですけど。
上出長右衛門窯「上出長右衛門窯」の工房。ろくろを回して成形したり、釉薬を塗ったりしている。
SOUQ
古九谷? 古伊万里みたいなものですかね?
上出
理由はあとで話しますが、ちょっと違うかもしれません。古九谷は360年前に九谷村で始まって50年間焼いてたんだけど突然廃窯して、以降100年間九谷焼はつくられませんでした。
SOUQ
そんなにつくられてなかった時期があったんですか?

100年後に、再興した九谷焼

上出
有田焼が去年開窯400年だったんですけど、九谷も360年の歴史があって、日本で2番目に磁器をつくった産地とされているんですが、九谷が再び焼かれるようになった頃には、砥部や瀬戸などいろんなところで磁器が焼かれていたんですよ。
SOUQ
100年も焼いていない時期があって、よく復活しましたね。
上出
再興九谷のはじまりは、江戸末期に金沢で始まって。加賀藩の前田家の御用窯という感じで春日山窯というのができたのが、一番最初と言われています。そこから各地に飛び火しながらいろんな窯が生まれて、流行のものやいろんな様式を取り入れながら、独自の文化をつくり、いまに至るという感じでしょうか。
上出長右衛門窯
SOUQ
古九谷というのは残ってないんですか?
上出
残ってないというか、手放す人が少ないので、めったに市場に出ないそうです。つくられたのは50年間だけなので生産量もすごく少なくて、骨董的価値が高いです。なぜなら古九谷は時が経ってもこれ以上増えないから。その点で古伊万里とは少し違うと言いました
SOUQ
そうやって途中で途絶えた焼き物の歴史ってほかにないですよね。
上出
珍しいんじゃないでしょうか。資料などもあまり残ってないし、当時のことを聞きたくても聞けないので、九谷焼に従事する人はそれぞれが各自の九谷を心に想っている。なにかに想いを馳せるってことは、いいエネルギーになるんじゃないかなと思うんですよね。だから断絶してしまった寂しさももちろんありますが、それをいい方向に変えられる気がしていて。なんでなくなったのか? どういう人がつくっていたのか? いろんな想像ができて、それがクリエイティブなものにつながるような気がします。
上出長右衛門窯
上出長右衛門窯工房には、試作中のクマのはちみつ入れとレモンの入れもんが。
SOUQ
なぜなくなったのかという理由は、わかってないんですね。
上出
藩の財政難や幕府の干渉、中心人物の死など諸説あります。

明治の初めに旅籠から窯へ

SOUQ
「上出長右衛門窯」の創業はいつですか?
上出
明治12年ですね。
SOUQ
ということは再興九谷が始まった頃の創業?
上出
再興九谷が始まって、能美市でもいくつか窯ができました。中興の祖と言われている九谷庄三(しょうざ)は門弟300人の大きな工房をもったり、九谷焼が盛んになってきました。明治20年ごろ、生産量の80%が輸出され日本の陶磁器の中でも全国で1位だった時期が一瞬だけあったそうなんですが、その頃の創業です。
上出長右衛門窯
SOUQ
それはすごいですね。
上出
そうなると商人とかがたくさんこの地に来てにぎわった。でも、つくれば売れるとなると、たちまち粗悪品をいっぱいつくって繁栄は一瞬で過ぎ去ったと聞いています。というかそもそも大量生産できる産地ではなかったんだと思います。明治12年だと、盛り上がっている時期だと思うんですけど、うちは旅籠をやっていて…。
SOUQ
旅館業? そうなんですね。
上出
このへん一帯は旧町名を寺井町というんですけど、そこに何軒か旅籠があったうちの一軒で。近くに手取川という大きな川が流れていて、川に橋がなかった時代は宿場として機能していたんだけど、橋がかかると人が留まらなくなって、旅籠がだんだんヒマになっていったんじゃないかなと。予想ですよ僕の。
SOUQ
おそらくその推測は当たってるんじゃないですか。
上出長右衛門窯工房では、ろくろを使って、成形がされていく。
上出
それと、これは祖父から聞いた話ですが、当時も富山の薬売りが日本全国を回っていて。彼らを介して九谷焼も売ってもらっていたみたいなんですよね。実際に何年か前に東北へ行ったとき、年季の入った蕎麦屋に入ったら、明治期の九谷焼がガラス棚に飾ってあったり。私営の小さな博物館でも九谷焼の徳利や急須が置いてあったり。いろんなところに古い九谷焼が置いてあったんですよ。
SOUQ
それは意外な発見ですね。
上出
明治の初めに、薬売りが東北の豪商とかに行ったとき、「あんた富山やろ。隣の九谷焼、今度持って来てや。徳利何本か持ってきたら買うから」なんて、そういうやりとりがあったんじゃないかなと。これもあくまでも予想ですけど。
SOUQ
旦那衆とのやりとりが目に浮かびます(笑)
上出
うちが薬売りに九谷焼を売って、それを薬売りが各地に売りに行って。それがだんだん大きくなって、可能性を見い出したのか。それで、うちはだんだん比重を旅籠業から九谷焼に移していったんだと思います。本格的にやったのは二代目からで、初代はほとんどの人生を旅籠屋として生きたそうです。
SOUQ
富山の薬売りが、「上出長右衛門窯」誕生の由縁だったかもしれないんですね。

写真/桑島薫

旅籠からの華麗なる(?)転身を遂げた「上出長右衛門窯」。次回第2回は、窯の代名詞的なモチーフ、「笛吹」について話を聞いていきます。

■EVENT■
「上出長右衛門窯」が出店するイベント!お近くの方はぜひ!

上出長右衛門窯

「金沢・加賀・能登展」
会場:阪急うめだ本店 9階催場
会期:2019年1月16日(水)~21日(月) ※催し最終日は午後6時終了
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/kanazawa2019/index.html

Creator/Brand

上出長右衛門窯(かみでちょうえもんがま)

石川県の代表的な伝統工芸である九谷焼の窯元

上出長右衛門窯(かみでちょうえもんがま)

「上出長右衛門窯」は明治12年石川県に創業。東洋で始まった磁器の歴史を背景に、職人による手仕事にこだわり、一点一線丹誠込めて割烹食器を製造しています。

Recommend Story

おすすめのストーリー

Browsing History

閲覧履歴