キチジツ 第4回 ルーツは、泥だんごと弓矢 | SOUQ ZINE スークジン

キチジツ 第4回 ルーツは、泥だんごと弓矢

キチジツ  第4回 ルーツは、泥だんごと弓矢
素材の良さと精密なつくりで人気のある「キチジツ」の革小物。それらをつくる倉田篤志さん、あかねさんご夫妻のものづくりの原点はどこにあるのか? 幼少の頃の話をうかがいました。
SOUQ
篤志さんは、素材や機械などの話をされているとき、本当に楽しそうなんですが、小さいころからものをつくるのが好きだったんですか?
篤志
そうですね。幼稚園のころから、ずっとつくってばかりいたので。泥だんごもとことんつくるほうだったんで。
SOUQ
泥団子のクオリティも求めてた?
篤志
はい。いい砂を求めて旅をするみたいな。
SOUQ
篤志さん的に、いい泥団子の条件というのはなんですか?
篤志
表面が均一で。石とか表に出てたらイヤなんで。きな粉をまぶしたようになめらかであってほしい。細かい砂をまぶしながら指で磨いていくと、本当にボーリングの玉みたいに光沢が出てくるんですね。きれいな丸じゃないとイヤなんです。
キチジツ
SOUQ
かなりのこだわり(笑)。ものづくりの原点は泥団子ですね。
篤志
あとは弓矢ですね。
SOUQ
弓矢?
篤志
小学生の頃、竹を切って、タコ糸を張って、公園で水鳥の羽を拾って矢をつくり、矢じりになる石を探して、つくってました。
SOUQ
石は三角のやつを探して?
篤志
はい。歴史の教科書に出てくるような打製石器とか磨製石器をひと通りつくりたくて。刃物になりそうな石を探して、かたっぱしから割って、石の包丁や矢じりをつくって。ボクのものづくりの歴史は、そんな感じでスタートしました(笑)。
キチジツ
SOUQ
それは実際に使われたんですか?
篤志
ふだん遊びに行くときに、ポケットに忍ばせてました。
SOUQ
ちょっと危ないですね(笑)。まわりにそういうことをやってる仲間っていました?
篤志
いや、それは一人でやってましたね。
SOUQ
なにがきっかけで、始められたんですか?
篤志
うちのおじいちゃんが船の修理工場で働いていたんですよ。そのとき、適当にそこらへんで木を切ってきて、自分でスキー板をつくって、船で引っ張ってもらって、水上スキーとかしてたみたいです。
SOUQ
おじいちゃん、すごい!
キチジツ知識が体系化されている図鑑や辞典が好きという篤志さん。手にする『漂着物辞典』がお気に入り。
篤志
親父もそういうおじいちゃんに育てられたので、なんでも直せるものは自分で直して、ないものは自分でつくるという環境で育ったそうです。私も小学校に入る頃には、もう自転車のパンク修理とか仕込まれていました。
SOUQ
倉田家は、ものづくりの系譜が脈々と続いてるんですね。
篤志
だから、家のガレージには工具がいっぱいあってというのが当たり前で、ものをつくる環境には恵まれてましたね。
SOUQ
泥団子や弓矢のクオリティへのこだわりが、いま革小物をつくるときの妥協のなさにつながっているんでしょうね。
篤志
イヤなところがあれば手を入れずにはいられないのは、小さいころからの習性ですね。
SOUQ
そのへんは、あかねさんはどう思われているのですか? ちょっとぐらいのことならいいのにとは思わないんですか?
あかね
いやなんかおもしろいんで見てますけど(笑)。そここだわるんや、っていうところがどうなっていくかを身近で見られるのは楽しいですよ。実は私も小学生のとき、弓矢つくってたんですよ。
キチジツ
SOUQ
えー、そうなんですか! なかなか珍しいご夫婦ですね。
篤志
その話は結婚してから聞いたんですが、小学生のとき弓矢をつくっていた女の子はいなかったですからね。
あかね
矢じりまではつくってなかったですけどね(笑)。うちの庭に竹やぶがあったので、そこで竹を取ってきて、しならせたいんで火で炙ってツヤ出しして、父親に弦がほしいって言ったら、ギターの弦をくれたので張って。いらない板を的にして遊んでましたね。
SOUQ
なかなか本格的です。
篤志
二人とも細かいものづくりが好きだったので、大学で工芸を始める前から、日常的にものをつくってました。
SOUQ
そんな篤志さんとあかねさんの息子さん二人にも、ものをつくる素養は受け継がれていくのですかね?
篤志
下の子はまだ1歳半ですが、5歳の長男とは一緒に机をつくりました。
キチジツ長男のかずほくんと篤志さんがいっしょにつくった子供用の机。
SOUQ
この机ですか? いいですね。そのうちお子さんも弓矢をつくり始めるんでしょうね。
篤志
つくることを“おしごと”と言ってます。「なんか今日はおしごとしたい」と言って、パンチで穴あけたり、ひたすら何かを削ったりしてますよ。
SOUQ
さすが倉田家の血筋。将来が楽しみです。キチジツの将来でいえば、革小物に加えて金属のアイテムをこれから増やしていかれるんですかね?
篤志
いまは革小物の制作が忙しくてあまりつくっていないんですけど、金属のアクセサリーも少しつくってまして。これはロープウェイのペンダント。中に乗っている人たちもつくっていますね。
キチジツ
SOUQ
繊細な仕上げですね。さすがです。
あかね
犬が好きな人は、愛犬を乗せてくださいという方もいますね。
篤志
ランプシェードのピアスもありますし、炭鉱で使うカンテラ、鉄道の発車の合図をする合図灯のペンダントもつくりました。
SOUQ
なかなか個性的なアクセサリーですね。革小物の他にも、どんどんつくってほしいです。
篤志
二人とも大学では彫金をやっていましたから。これからはこちらのアイテムも増やしていければと思います。
キチジツ
キチジツ「キチジツ」のアトリエ前にある駄菓子屋で。あかねさんは「自分が子どもだったら、家の目の前に駄菓子屋があったら最高です」。

取材・文/蔵均 写真/桑島薫

Creator/Brand

キチジツ

革作家

キチジツ

革作家の倉田篤志による、ペンやめがねケースの皮革ブランドです。

Recommend Story

おすすめのストーリー

Browsing History

閲覧履歴