MALLE(マル) 第1回 始まりは、娘のピンどめから | SOUQ ZINE スークジン

MALLE(マル) 第1回 始まりは、娘のピンどめから

MALLE(マル) 第1回 始まりは、娘のピンどめから
ものづくりをする作家さんの制作への思いや作品について話を聞く「ピックアップクリエイター」。今回は、3人の子どもを育てながら刺繍アクセサリーをつくる「MALLE」の長谷川真理さんに会いに、自宅兼アトリエを訪れました。
SOUQ
ブランド名の「MALLE」とはどういう意味なんですか?
長谷川
フランス語で“大きなトランク”という意味なんです。私のこの鬱陶しいぐらいの熱い想いがたくさん詰まってるよということです。
SOUQ
鬱陶しいぐらい?(笑) では、その熱い想いをいまから聞いていきたいと思います。
長谷川
私、クリエイターとしての話はそんなにできないかもしれないですけど、いいんですか? おかんとしての話ばかりなんですけど(笑)
SOUQ
いいと思いますよ。今回はそこをメインでいきましょう! 早速ですが、お子さんはおいくつになりますか?
長谷川
小学校3年と1年と幼稚園の年少組です。
MALLE
SOUQ
3人いらっしゃるんですね。今日はみんな学校に行ってるんですか?
長谷川
はい、そうです。
SOUQ
学校が休みのときはお子さんも家にいるわけですから、その中で制作するのは大変じゃないですか?
長谷川
まあ大変は大変ですね。ひとつの作品をつくるのに3時間は超えるので。ですけど、私は子どもを近くで見守りたいという気持ちがすごくあるんですね。自分らしく働きながら子どもと関係を築ける人、近くで子どもを見ていたいという人、いろんなタイプの女性がいて、状況が許す許さないというのもあるじゃないですか。私は、子どものそばにいながらやれているのはありがたくて。もともと子どもがきっかけで始まった刺繍ですし。
MALLE

女の子らしくピンどめを

SOUQ
そうなんですね。どういうきっかけだったんですか?
長谷川
子どもの上二人は女の子なんですけど、長女に髪どめをつくってあげようと思い0歳のときにつくりだしました。それを見て、同じマンションや公園で出会うおかあさんがかわいいねと言ってくれて。フェルトに刺繍をしたりフェルトでお花をつくったりして、それをピンどめの形にしてたんですけど…見ます?
SOUQ
ぜひぜひ。
MALLE長谷川さんが0歳児の長女につくってあげたのと同じタイプのピンどめ。
SOUQ
かわいいですね。
長谷川
金具だけを髪につけると、するするすると落ちちゃうんですよ、髪の毛が細くて量が少ないので。でもフェルトだと、髪の毛に当たる量が増えて落ちにくくなるんですよね。
SOUQ
なるほど。理にかなっているわけですね。
長谷川
しかも軽いから、最初は嫌がっている子でも一度着けてしまえば慣れて、痛がる子もあまりいなくて。
SOUQ
0歳児からつけられるものなんですね。
MALLE
長谷川
うちの子は髪の毛の量がすごく多かったんですよ。で、なんか女の子っていうのをわかりやすく示したくて。0歳児ぐらいの子どもって、男の子と女の子の見分けがあまりつかないじゃないですか?
SOUQ
身に着けてるもので判断するというところはありますね。
長谷川
それでうちの子は髪の毛の量が多かったので、くくってそこにピンどめをつけました。
SOUQ
でもこれ、大人がしてもいいぐらいの大きさですね。
長谷川
そうです。だからこれよりも一回り小さいのをつくってました。それで近所のおかあさんたちが、親子でいっしょのものを着けたいとおっしゃってくれて。「ちょっとつくってみてくれない?」と言われたので、じゃあいいよと大人用もつくり始めました。
SOUQ
親子おそろいというわけですね。

いちばんの理解者に助けられて

SOUQ
いまは犬も飼ってらっしゃってて。お子さん3人と犬2匹の世話だけでもすごく時間が取られると、制作が大変だと思いますが。
長谷川
必死ですよね。そこはもう必死です。喜んでもらえてるからできてると思いますが、やっぱりキツいときもあります。
MALLE
SOUQ
制作するのは夜になるんですか?
長谷川
そうなんです。息子がいま幼稚園に行くようになったので、朝送り出してからなんとか早く家事を終わらせて、午後3時までが勝負です。もう集中ですよね。いかに集中をキープするか。3時からは子どもの宿題を見たり、習いごとの送迎やごはんの準備もあるのでそこまでが限界で。夜9時には子どもを寝かしつけるので、そこからMAXで夜中の1時までつくります。2時になると次の日の朝がしんどいですから。
SOUQ
そりゃそうですよ。朝も早いですよね?
長谷川
6時台には起きてます。でも一番下の子が幼稚園に行くようになって、ちょっとラクですけどね。家にずっといるときは、しゃべりかけられるから手が止まるんです。
MALLE
SOUQ
小さい子どもは、おかあさんの仕事まで気を使えませんからね。
長谷川
そうなんです。でも主人がいちばんの理解者で応援してくれていて、土日は朝から晩まで子どもを連れて出かけてくれるので、本当に助かっていて。私が疲れて「もうやめる」って駄々をこねるときもあるんですが、主人は「でも、みんながみんな好きなことを仕事にできるわけじゃないし、せっかく欲しいって言ってくれてる人もいるわけだから、できる範囲でいいから、がんばって続けたらどう」って言ってくれて。
SOUQ
いいダンナさんですねえ。
長谷川
本当に彼のおかげです。

取材・文/蔵均 写真/桑島薫

子どもたちを育てながら、限られた時間で制作をする長谷川真理さん。次回第2回は、彼女流の刺繍について話を聞いていきます。

Creator/Brand

MALLE(マル)

手刺繍アクセサリークリエイター

MALLE(マル)

すべて手刺繍&手縫いで仕上げられているアクセサリーブランド。

Recommend Story

おすすめのストーリー

Browsing History

閲覧履歴