MALLE(マル )第3回 子どもからのインスピレーション | SOUQ ZINE スークジン

MALLE(マル )第3回 子どもからのインスピレーション

MALLE(マル )第3回 子どもからのインスピレーション
刺繍アクセサリー・ブランド「MALLE」のデザイナー、長谷川真理さんに話を聞く「ピックアップクリエイター」。第3回は、発想の源についてインタビューします。
SOUQ
ものづくりをするとき、発想の源はどこにありますか?
長谷川
犬の散歩で毎日外へ行くので、四季折々の植物の色が目にとまり、中に入ってきます。私、お花の色って無敵だと思うんですよ。
SOUQ
無敵ですか!
長谷川
どういう色の組み合わせでも、景色の中で咲いていたらバッチリ合うと思うんですよね。私はアクセサリー作りで選択しないだろうなという色の組み合わせでも、咲いているのを見たら、あっこんな組み合わせがあるんだということに気づく。あと子どもの絵や配色からインスピレーションをもらうこともあって。
SOUQ
子どもさんの絵から?
長谷川
はい。これ見てくれますか? 次女がつくった作品なんです。
MALLE長谷川さんの次女がつくった作品「さんぼおじいさん」。
長谷川
顔であって、中をライトで照らすと見えるんですけど、このおじいさんの心の中が広がっていて、人とかがいるんですよ。私にはよくわからない部分もあるんですけど、娘はひとしきり説明してくれて。
SOUQ
すごい発想ですね。これはお子さんが何歳ぐらいのときの作品ですか?
長谷川
今年つくったので小学校1年ですね。子どもたち3人とも絵画教室に通っていて。長女は一昨年でやめてますので、今は次女と長男が通っています。次女は4年目なんですよ。
SOUQ
あの天井からぶら下がっているのもお子さんが?
MALLE
長谷川
そうです。主人が電気系の仕事をしているんですね。娘に詳しい仕事内容は教えたことはないんですが、彼女の中で咀嚼して表現している。電線などがあったり。発想がおもしろいですよね。筋道もちゃんと立ってる。

スライムから生まれた作品

SOUQ
子どもたちは見ていないようで見ているんですね。
長谷川
地球の中にマグマがあるなんて教えたことないのに、ちゃんと描いているし。美術教室の先生がすごくやさしい人で、「心で絵を描きなさい」とか言ってくれるんですよ。だから、技術や手法より物語から入ってつくろうとなるんですよね。
SOUQ
いい先生です。
MALLE
長谷川
子どもっていろいろ可能性あるなって。この色を使ったらダメとかなにも思ってないじゃないですか。そこがおもしろくって。スライムとか使って遊んだりするんですが、そのとき生まれたのがこのシリーズなんです。
SOUQ
発想の源に、まさかスライムがあるとは思わなかったです(笑)。
長谷川
子どもがスライムをリビングの床に落としたんですね。いろんな色でつくっていたから、それが広がっていって。刺繍をしていると糸が余ってきたりするので、それを有効利用するために、いろいろな色の糸でつくろうと思いました。
MALLE子どもが落としたスライムから発想されたシリーズ。
SOUQ
子どもがスライムで遊んでくれたおかげで生まれた作品ですね。
長谷川
そうですそうです。最初は、なに散らかしてくれてんねんと思ったんですよ(笑)。掃除が大変だし、ぐちゃぐちゃのままやりっぱなしなんですけど。実はこれも、子どもといっしょに行った芋掘りから生まれた作品なんですよ。
SOUQ
芋掘り?

芋掘りからも作品の発想が

長谷川
そうなんです。いちばん下の息子の太一と芋掘りに行ったのですが、全然芋が採れなくて。横の人はすごく採れてるのに。全然掘れへんなあと親子そろってグタッとなって。やっと金時人参みたいな細い芋が掘れたんですけど、思ってたものと違ってたので息子はブスーっとしてたんですね。でも根っこはだれのよりも立派だったから「こんな立派な根っこはアンタのぐらいやで」って息子に言って。それで根っこをデザインしました。
MALLE芋の根っこをイメージしてデザインされたピアス。
SOUQ
まさか芋掘りがデザインの発想の源とは思わないでしょうね。
長谷川
本当に子どもが与えてくれるインスピレーションは結構あって。これは「白の世界、赤の世界」というシリーズなんですけど、子どもが赤で描いたと言った絵でも私からみたら全然赤じゃない。それってオレンジじゃない? ってなる。でも色の概念なんてその人が決めればいいと思ったんですね。だから私が思う赤と子どもが思う赤が全然違ってもいい。そう思った時に、赤だけ、白だけで作品をつくってみたいなと思ったんですよね。
MALLE「白の世界、赤の世界」

取材・文/蔵均 写真/桑島薫

子どもたちからアクセサリーのデザインのヒントをもらうという長谷川真理さん。次回最終回は、看護師だった真理さんがものづくりへ向かうようになったきっかけについてお話を聞きます。

Creator/Brand

MALLE(マル)

手刺繍アクセサリークリエイター

MALLE(マル)

すべて手刺繍&手縫いで仕上げられているアクセサリーブランド。

Recommend Magazine

おすすめの記事

Browsing History

閲覧履歴