mercredin.(メルクルディン)前編 使う人への思いを作品に込めて | SOUQ ZINE スークジン

送料アイコンについて
ネコポス
全国一律385円(代引配送不可)
コンパクト
全国一律605円
通常配送
924円~(お届け地域による)

mercredin.(メルクルディン)前編 使う人への思いを作品に込めて

mercredin.(メルクルディン)前編 使う人への思いを作品に込めて
革本来の風合いを大切にしたバッグブランド『mercredin.(メルクルディン)』。今回は、そのデザイナーである村田彩実さんに、ブランドや革製品への思いやこだわりについてお話をおうかがいしました。

使う人を思うからこその、シンプル設計

今回、『mercredin.(メルクルディン)』のデザイナー村田さんに取材のご依頼をしたところ、アトリエではなく、兵庫県たつの市にある革タンナー『龍野化成株式会社』に来てほしいとのこと。実際に訪れてみると、革加工独特の香りがする広大な工場に圧倒される私たち。そこへ、村田さんは笑顔で出迎えにやって来てくれました。

真っ赤なワンピースに身を包む村田さんの第一印象は、“可愛らしい”といった感じ。でも、革やブランドについてのお話が始まると、その印象は一変します。村田さんの強い眼差しから、作品づくりへの思いの本気度が伝わってくるのです。

mercredin

そんな村田さんが手がけているのは、革そのものの風合いや色を残したバッグやお財布。革加工をあまり施さず、なるべく金具も使わないのが、村田さんがつくる作品の特徴です。余分なデザインなどは一切ありません。なぜなのでしょうか。

「もともと私がシンプルが好き、というのもあって。私自身が愛着を持って持てるものを作っていきたいんです」と、村田さん。さらりと話してくれましたが、よくよくお話を聞いていると、買ってくれる人に対する村田さんの想いが浮き彫りになってきました。

mercredin

「無駄なものを削ぎ落としていくと、バッグが軽くなるんですよね。装飾などで金具を使わなければ、カバン自体が軽いものになるので、肩にかけて使っていただいても肩こりの心配も減ります。それに、装飾をたくさんつけると、その分制作に時間がかかってしまい、値段に反映させざるをえません。私の作品は、手作りだけど手の届きやすい価格帯にしていたいという思いがあるので、そうやっていろいろと無くしていったら、最終的にポケットまでなくなって(笑)、今の形になっていました」

あくまで自分の作りたいものを作っているんだ、と村田さんは言いますが、その背景には、紛れもなく買ってくれる人への感謝や思いが詰まっているのだと感じました

理想の状態になるまで、作り直す。

mercredin

「私、もう本当にこだわりが強くて。バッグ一つにしても、試作の段階でとても時間がかかるんです。ちょっとしたバランスが変わると、バッグ自体の印象までもガラリと変わるので、あれも違うこれも違うって、納得のいくものを追い求めていたら、10個以上も作っちゃうこともあるんです」と、呆れたように笑う村田さん。

mercredin

ボタンをつける位置など、1cm、5mm単位で微調整しているというこだわりぶり。実際に自分で使ってみたり、周囲の人たちに使ってもらったりして意見を聞きながら、使いやすさ、見た目の美しさを追求しているのだそう。

mercredin

「細かい部分まですごく気になってしまうんですよね。心配性なのかもしれません(笑)」と、村田さんは話しますが、使う人のことを思って作品づくりをしていることが、ひしひしと伝わってきます。

そして、そのこだわりは“色”にまで及びます。作品のデザインを始める段階で、村田さんの中にはすでに色のイメージまであるそう。

「できあがっている革の色の中から選ぶのではなくて、この色をベースにこんな革を作ってほしい、とイチからタンナーさんにリクエストするんです。自分のイメージにぴったり合う色を探すために、洋服屋さんや雑貨屋さん、靴下屋さんとかを歩き回っています」

mercredin

タンナーさんは、村田さんのリクエストを叶えるため、完全にゼロの状態から革の色を作っていくそうなのですが、その再現度がすごいというのです。

「そう!これ!この色が欲しかった!という色を完璧に出してくれるんです。本当に、毎回すごいなあって感動しています。革でイメージどおり色を出すのは、とても技術がいることで、一回では思ったとおりにいかないことも多いのですが、最後は絶対に叶えてくれるので、頼りにしています」と、タンナーさんへの信頼も明かしてくれました。

mercredin

色の風合いや濃度がちょっとでもイメージと違えば作り直し、理想の色へと近づける作業が村田さんとタンナーさんの間で続きます。今日も、取材の前に新しい作品のための色の打ち合わせをしていたのだとか。

そんなタンナーさんとは、二人三脚でここまで来たと村田さんは言います。その話は後半で。

取材・文/藤田真奈 写真/桑島薫

Creator/Brand

mercredin.(メルクルディン)

革作家

mercredin.(メルクルディン)

革本来の風合いを大切にした、シンプルで無駄のないデザインの革小物・かばんを制作しています。革の持つ美しさと繊細さ手仕事の温かさを手に触れて感じて下さい。

Recommend Story

おすすめのストーリー

Browsing History

閲覧履歴