meteo(メテオ)第1回 つくりはじめて、4カ月でデビュー! | SOUQ ZINE スークジン

meteo(メテオ)第1回 つくりはじめて、4カ月でデビュー!

meteo(メテオ)第1回 つくりはじめて、4カ月でデビュー!

さまざまな分野で活躍する作家さんを紹介する「ピックアップクリエイター」。今回は、個性的なアクセサリーで人気急上昇中の「meteo」のデザイナー、Harukaさんが登場。大阪市内、東横堀川を見下ろすマンションにあるアトリエを訪れました。
SOUQ
最近、「うめだスーク」をはじめ、ご活躍をよく拝見しますが、アクセサリーづくりを始めたのはいつ頃なんですか?
Haruka
2年半前です。2017年の1月から彫金を習い始めて…。
SOUQ
えっ、習い始めたのが2017年? 彫金を習い始める前に、何かものづくりはされていたとか?
Haruka
してないんですよ。それまでは会社員だったので。
SOUQ
習い始めたあと、「meteo」のブランドがスタートしたのはいつですか?
Haruka
「うちの店で置きませんか」と言ってくださる方がいて。そのお店に納品したのが5月。なので、2017年5月を作家デビューにしてます。
meteo
SOUQ
ということは、ものづくりを始めてたった4カ月でブランドを立ち上げ、お店に置いてもらうようになったっていうことですか!
Haruka
はい。もうたくさん失敗して、死ぬほど練習して、それを乗り越えたら、わりとすんなりと。
SOUQ
すごいスピード感ですね。彫金を習ったのは専門学校ですか?
Haruka
いえ、教室ですね。とりあえず1カ月基礎だけ習って、あとはもう実践だと思って、わりと独学で。彫金の工具を売っている店のおじさんと仲良くなって、いろいろ聞きながら。とにかくたくさん失敗したほうがいいと思って。なんでもやってみました。

まずはコーヒーショップに

SOUQ
お店に置いてもらえるようになったきっかけは?
Haruka
もともと知り合いだったコーヒーショップの方が、「私、彫金習い始めて」と話をしていたら、「じゃあうちに置きますか」って言ってくださって。それまではコーヒーだけを出してるショップだったんですが、今ではアクセサリーや雑貨も置いています。
meteo
SOUQ
ちなみにそのコーヒーショップはどこですか?
Haruka
桜川の「リードコーヒー」です。
SOUQ
あっ、レトロビルをリノベーションした新桜川ビルに入っている人気の店ですね。
Haruka
そうです、そうです。店員さんがアットホームな感じでいい店ですよ。
SOUQ
作品をまず店で販売し始めて、そこからの展開はどうでした?
Haruka
お客さんに紹介していただいて東京のセレクトショップさんに置かせてもらうようになったり、ご縁ですね。
SOUQ
うめだ阪急との縁はどこからでしたっけ?
Haruka
うめだスークの「そうげんブロカント」というお店でバイトしてたんですよ。
meteo
SOUQ
そうだったんですね。
Haruka
それもスカウトされたんですけど(笑)。9階の祝祭広場に「ゲートワン」さんというアンティークの洋服店が1週間出店されたときにバイトしてて。それまで洋服を売ったことはなかったんですけど、たくさん売ってたみたいで。それを見てた「そうげんブロカント」のオーナーさんが「週1回でいいから、うちに来てほしいわ」って、それでバイトすることになったんですよ。
SOUQ
よっぽど売ってたんでしょうね(笑)
Haruka
このトークの力でしょうね(笑)。別に「買って買って」とは言わないですよ。自分の買いたいものを買ったらいいと思っていたので。似合ってたら似合うと言うし、あかんかったらあかんと言うし(笑)。
SOUQ
百戦錬磨の販売のプロが見初めるほどですから、よっぽどすごかったんですよ。それはいつごろの話ですか?
Haruka
それも2017年です
meteo
SOUQ
2017年忙しすぎですね(笑)。それで「そうげんブロカント」でバイトをしながら、アクセサリーづくりも続けていたのですね。
Haruka
そうですね。バイトは週1回だったので。

イヤになるほど失敗して

SOUQ
初期につくっていた「meteo」のアイテムは、バングルがメインですか?
Haruka
そのほか、ピアスやヘアアクセサリーですね。
SOUQ
会社員からの思い切った転換なんですが、アクセサリーづくりをしようと思ったのはどういうきっかけだったんでしょう?
Haruka
もともと洋服とかアクセサリーがすごく好きで、ハンドメイドの作品も買ってたんですよ。30何年か生きてきて、自分が見てきたものはたくさんある。それを自分でも表現したいと思って。もともと手先が器用な家系なので、私もつくれると思い、彫金を習い始めたんです。
meteo
SOUQ
それで4カ月でブランドを立ち上げたわけですから、やっぱりすごく器用なんでしょうね。
Haruka
いや、根性があるだけじゃないですか(笑)。イヤになるほど失敗もしたけど、そのおかげで今は鑞付けという難しい作業も絶対失敗しません。
SOUQ
初期の頃はどれぐらいの時間、制作をされていたのですか?
Haruka
朝から晩までずっとやってました。ずっとやらないと追いつけないから。それで自分の納得のいくものをつくらないと商品としてお客様に出せないですよね。初めて納得できたと思ったときに、「リードコーヒー」さんに商品を置かせてもらいました。

取材・文/蔵均 写真/桑島薫

彫金を習い始めてわずか4カ月でブランドを立ち上げたHarukaさん。次回第2回は、立ち上げてからしばらくして始めたという漆塗りについて話をうかがいます。

Creator/Brand

meteo(メテオ)

デザイナー

meteo(メテオ)

"meteo"流星を意味するイタリア語。
流星に出逢った際の一瞬の歓喜、そして解けて消える儚さを繊細なアクセサリーとして表現する。

Recommend Story

おすすめのストーリー