meteo(メテオ)第2回 アレルギーの人にも楽しんでほしくて | SOUQ ZINE スークジン

meteo(メテオ)第2回 アレルギーの人にも楽しんでほしくて

meteo(メテオ)第2回 アレルギーの人にも楽しんでほしくて
さまざまな分野で活躍する作家さんを紹介する「ピックアップクリエイター」・今回は、アクセサリー界に彗星のごとく現れた「meteo」のデザイナー、Harukaさんが登場。その個性的な作品についてお話を聞いていきます。
SOUQ
バングルやピアスなど、「meteo」さんのアクセサリーのデザインはなかなか独特で、どうやってつくってらっしゃるのか想像がつかないんですけど…。
Haruka
企業秘密です(笑)
SOUQ
了解です(笑)。デザインは、いろいろ試行錯誤することで編み出したものなんですか?
Haruka
そうですね。「meteo」の表現として、これが一番かなと。
meteo
SOUQ
「meteo」とはイタリア語で“流星”という意味だそうですが、作品で星や月のモチーフのものもありますよね? 宇宙的なものに何か想い入れがあるのでしょうか?
Haruka
はい。クーレターの…うん?クレーター?
SOUQ
クーレターだと革命みたいになっちゃいますね(笑)
Haruka
(笑)。そう、クレーターの不完全な感じが好きで。真珠もバロックパールの不完全な感じが好きですし、自分が不完全な人間なので、そういうのを好んでつくってます。
SOUQ
言われてみると、今Harukaさんが身につけてらっしゃるバングルの表面がクレーターに見えてきますね。
meteo
Haruka
そうですか? それで、響きがきれいな「meteo」って名付けました。

金属アレルギーになって

SOUQ
今、Harukaさんが耳に着けてらっしゃるのはピアスですか?
Haruka
これはイヤーカフです。私、金属アレルギーなんですよ。
SOUQ
女性って金属アレルギーの方が結構いるんですかね?
Haruka
多いですね。イヤリングでアレルギーが出やすい方も多い。なのでイヤーカフにしたんですよ。
meteo
SOUQ
Harukaさんは、この仕事を始めてから金属アレルギーになったんですか?
Haruka
そうですね。それまではたまに夏に症状が出ることはあったんですけど、今は冬もあります。
SOUQ
毎日金属に触れていますものね。
Haruka
夏は特にひどいです。作業してると結構金属の粉が飛ぶんですけど、汗をかくとめっちゃ痛くなる。自分が金属アレルギーになったことをきっかけに、「meteo」でも漆塗りの作品を始めたんです。
SOUQ
漆?
Haruka
はい。バングルを着けたいけど金属アレルギーで着けられないという人にも着けてほしい、みんなにアクセサリーを楽しんでほしいという想いから漆塗りを始めました。
meteo内側に漆を塗った「meteo」のバングル。
SOUQ
漆を塗り始めたのはいつぐらいですか?
Haruka
2018年の7月から漆を習い始めて、まだ1年経ってないです。
SOUQ
漆塗って、職人さんが何年も修業してやっと一人前になるというイメージがありますが、さすがHarukaさん、何もかもが素早いですね。

新作でも漆塗りを続けたい

Haruka
最初はわけがわからなくて、全然楽しくないと思ってたんですけど、やることで自分のものになってきたら楽しくなってくるし、慣れですね。それに私十人に一人という手の持ち主で…。
SOUQ
どういうことでしょう?
Haruka
漆を素手で触ってもかぶれないんですよ。
SOUQ
そういう人がいるんですね。
Haruka
はい。素手でがんがん触ってたら爪の中が汚くなって、これはあかんとゴム手袋するようになったんですけど、漆にはかぶれないんですよ。
SOUQ
今つくっている作品はだいたい漆塗りしてるんですか?
Haruka
いえ、そうでもないですよ。ピアス、イアリングとかには塗ってないです。
meteo布を当てることで、それぞれ質感が変わってくる「meteo」の漆塗りのバングル。
SOUQ
作家デビューから2年ぐらい経って、これまでいろいろな作品を出されてますけど、次はこういうものをつくっていきたいというものはありますか?
Haruka
やはり漆は続けていきたいです。新しい試みとして、漆と木屑で形をつくって、漆を塗り重ねたものをつくっているんですが、それと金属のリングを組み合わせても面白いかなと思っています。

取材・文/蔵均 写真/桑島薫

多くの人が金属アレルギーに悩まされずにアクセサリーを身につけて欲しいというHarukaさん。次回第3回は、その人となりについても聞いていきます。

Creator/Brand

meteo(メテオ)

デザイナー

meteo(メテオ)

"meteo"流星を意味するイタリア語。
流星に出逢った際の一瞬の歓喜、そして解けて消える儚さを繊細なアクセサリーとして表現する。

Recommend Story

おすすめのストーリー

Browsing History

閲覧履歴