ORZO(オルツォ) 第3回 折り紙のようにつくるバッグ | SOUQ ZINE スークジン

ORZO(オルツォ) 第3回 折り紙のようにつくるバッグ

ORZO(オルツォ) 第3回 折り紙のようにつくるバッグ
神戸と大阪・堀江に店舗を持つバッグブランド「ORZO」。その独特のフォルムは、どのようにしてつくられていくのでしょうか? 代表でありデザイナーの平岡学さんと奥様の加奈子さんに話をうかがいました。
SOUQ
平岡さんが一番最初につくったのバッグはどのような型だったんですか?
これですね。シンプルにトートバッグです。これはバイカラーですけど、単色のものを最初につくって、自分で使ってたんですよ。
ORZO平岡さんが最初につくったものと同じ型のトートバッグ。
SOUQ
じゃあトートバッグを原点に、そこからショルダーバッグやリュックなどに広がっていったんですね。
そうですね。最初はこの原点の形をアレンジすることだけをやっていました。ここからぐっと絞ってカシメで止めたらかわいいなとか。真ん中に寄せてつまんだら丸っこい形になるなとか。そんな発想ばっかりで、真四角の革をいろいろ変化させていましたね。
SOUQ
バッグの素材はほとんどが革ですか?
メインはほとんどそうですね。レザーものが90%で、秋冬はボア系の素材やフェイクのスウェードもあり、キャンバスも使ったりしてます。
ORZOフェイクスウェードを使ったショルダーバッグ。
SOUQ
やっぱり女性が好みそうなかわいさですね。
丸っこいものも多いですし。直線よりも曲線のほうが好きかもしれないです。

革は包丁で切る

SOUQ
曲線に革を切るのがむずかしいんじゃないですか?
最初はむずかしいかもしれませんね。
SOUQ
切る道具はどういうものなんですか?
この革包丁で切ってます。
ORZO学さんが革を切るときに使う革包丁。
SOUQ
むずかしそうだし、力も要りそうですね。
まあきれいに研いどけばよく切れますよ。3、4回使うと切れ味が悪くなるので、使うたびに研ぐようにしています。
SOUQ
切った革は、次にミシンで縫うという工程に入るんですか?
裁断して、パーツなどを付けたりしてからミシンで縫います。
SOUQ
パーツなどは縫う前に付けるんですか?
ものによって工程は違いますね。後からつけるものもありますが、基本は先に付けることが多いです。
SOUQ
バッグって縫うのむずかしそうですね。
いや、僕のバッグってつくるの簡単ですよ。ミシンさえちょっと踏めれば、だれでもつくれると思います。制作時間もできるだけ短くしたいので、あまり複雑なものは考えないですね。
ORZO
SOUQ
ミシンをさわり始めた頃って、どのようにつくっていたのですか?
バッグって、普通は型紙からつくるんですけど、僕は最初の1、2年は型紙を使わなかったんです。革を切って、折り曲げたりカシメどめしたりしながら形をつくっていったので。

型紙なしで自由につくる

SOUQ
型紙がなくてもつくれるもんなんですね。
まあ。僕、最初につくるときは、型紙を使うということも知らなかったぐらいなんで(笑)。だから袋もののバッグなどを見て、こうやったらできるんかなと頭で考えながらつくっていました。折り紙しているような感覚です。
SOUQ
折り紙?
そうです。紙を折って、糊でくっつけるという感覚でした。ここをこういうふうに折り曲げてこう止めたら、形がかわいくなるなあというふうに。
ORZO
SOUQ
それは自由につくることができて楽しそうですよね。
そうなんですよ。なかなかほかにはこんなやり方の人はいないと思うので。というか、僕が無知すぎたというか。
SOUQ
革の作家さんというと、きっちりとしたやり方でつくる人が多いと思うのですが、「ORZO」さんのバッグを初めて見たとき、今まであまり見たことないフォルムだったので、どういうふうにつくっているのかと思っていました。
ちゃんと修業や勉強をしてらっしゃる人から見たら、僕のやり方って革の使いかたがもったいなかったり、というのはあると思うんですよね。いろんなパーツをムダなく縫い合わせてつくる人がいる一方、僕は大きく革を切り取って、そこから折り紙みたいにしてつくるから。でもそれがうちのバッグの味になってきたかなとは思います。

取材・文/蔵均 写真/桑島薫

最初は型紙もなく自由につくっていたという「ORZO」のレザーバッグ。次回最終回は、2019年にデビュー予定の新ブランドについて話をうかがいます。

Creator/Brand

ORZO(オルツォ)

革作家

ORZO(オルツォ)

「ORZO(オルツォ)」は バッグをオリジナルで制作している皮革ブランドです。

Recommend Magazine

おすすめの記事

Browsing History

閲覧履歴