+R(プラスアール) 第3回 マスコットはMr.Rくん | SOUQ ZINE スークジン

+R(プラスアール) 第3回 マスコットはMr.Rくん

+R(プラスアール) 第3回 マスコットはMr.Rくん
ブランド立ち上げ黎明期には、ユニークなテーマでラインを展開していた「+R」。ファンも定着し、ブランドの個性も見えてきたいま、デザイナーのNAMIさんは、「+R」の現在についてどう思うのでしょうか? 話を聞いてみました。
SOUQ
ブランド初期は、「宇宙」や「eateRy」などのテーマで展開していた「+R」ですが、最近はテーマ性をもたせていないですよね。はっきりしたテーマがあると、デザインしやすい気もするのですが、そんなことはないですか?
NAMI
テーマがないときのほうが柔軟につくれますね。自分が欲しいかなと思ったアイテムをデザインできる。次のイベントが決まったから、それに向けてなにか新作を並べようとか。その売場に合わせて、こういうのがいいかなとつくる感じですね。
SOUQ
目標があれば、モチベーションが上がりますからね。
NAMI
漠然とつくっているより、イベントがあるほうが「つくらないと」と思うので、新作が多めに出ます。
+R
SOUQ
1着1着手づくりされているわけですから、大量生産というわけにはいきませんよね。
NAMI
そうですね。でも去年の新作で、スカートとパンツが半々になっている「スカートパンツ」というのを出したんですね。
SOUQ
スカートパンツってユニークです。
NAMI
そのとき、ふと思ったんですよ。かわいいスパッツってないよなあって。生足イヤな人はかわいいの履きたいだろうなあと思った。それで、スパッツをつくりたいと思ったんですよ。
SOUQ
「+R」ならではのスパッツですね。
NAMI
はい。で、スパッツって私のミシンでも、縫えないことはないのですが、伸縮性のある生地なので、やはりそういうのに慣れた工場に頼んだほうがいいと思ったんですね。それでいろいろ探したんですけど、もう値段が合わなくて。20枚ぐらいの発注だと、どこにも相手にされないんですよね。「20枚ですか。じゃあ倍の値段です」みたいな感じ(笑)。
+R
SOUQ
まあ、ロットの問題はありますよね。
NAMI
で、小ロットでも縫ってくれる良い工場さんが見つかって、もしかしたら縫ってくれるかなと思ってお願いしたら、「20枚でもいいよ」と言ってくれて。
SOUQ
へえ。やってもらえるもんなんですね。
NAMI
たぶんイヤやと思いますけど(笑)。それで、大量生産とまではいかないですけど、それなりの数の商品を手に取ってもらえるようになりました。
SOUQ
「+R」的には大量生産したスパッツの評判はどうですか?
NAMI
おかげさまで結構人気で、今年も新しいデザインを起こして頼んでいます。
+R
SOUQ
どんなデザインなんですか?
NAMI
「+R」って、基本アシンメトリーなデザインが多いんですけど、だからといって、わちゃわちゃしてたらいいというわけではない。
SOUQ
奇抜だったらいいわけではない?
NAMI
長いスカートを履いたら、だいたい裾から足首までの間でスパッツが見える。そこで存在感が出るような…こんな感じです(とサンプルを見せてくれるNAMIさん)。
+RNAMIさんが手にするのは、新作スパッツのサンプル。
SOUQ
このぬいぐるみは?
NAMI
これは、マスコットがあったほうが売場がかわいくなるなあと思って、つくりはじめました。一応商品でつくってるんですが、結構高くて1万7000円しますから、別に売れへんでもいいかと思ってて。欲しい人が買ってくれたらいいし、商品写真撮るときともポイントになりますしね。
SOUQ
マスコットということは、名前もあるんですか?
NAMI
Mr.Rくんです。もし売れてきたら、相方をつくって、Miss.Rと名付けようようかと。クリスマスシーズンはサンタの帽子をかぶせたり。夢は広がってますよ。
+RマスコットのMr.Rくん。
SOUQ
Mr.Rくんのほかに、服以外のアイテムはあるのですか?
NAMI
ポーチとか。ほんとは食器とかやりたいんですけどね。でもそれに向けて積極的に取り組むとかはしてないですけど(笑)。
SOUQ
「+R」が好きな人は、食器も絶対ほしいでしょうね。ブランドのファンってどういう方が多いですか?
NAMI
みんなといっしょというのがイヤな人が多いんじゃないかなあ。だから同じ服を20枚つくるというのはどうかなというのがあって。まあ20枚でも多くはないと思うんですけど。
SOUQ
全然多くないですね。
NAMI
そうなんですけど。「+R」はほとんど大阪でしか売ってないんですけど、大阪だけで考えたら、同じ服を着ている人に会う可能性はあるかなと。
+R
SOUQ
目立つ服ですしね。すぐわかるかも。
NAMI
同じ服を着た人とバッタリ鉢合わせするのってイヤじゃないですか?
SOUQ
そうですね。うれしい場合もありそうですけど。
NAMI
だからそんなにたくさん同じものはつくらないですね。
SOUQ
年齢的には、どういう方が多いのですか?
NAMI
お客さんは30歳代から80歳代までいて。おばあちゃんとかは若いときはギャルソンとかを一通り着て、私の服もおもしろいと思って着てくれている。
+R
SOUQ
それはうれしいですね。
NAMI
それから、いろんな体型の方がいるので、ウエストもゴム仕様にしたりして、わりと“しんどくない服”になっていますね。洗濯機でも洗える服で。クリーニングに出さなあかんとか、色が落ちるとかなると、2回目に着るのがたいへんじゃないですか? だからできるだけコットンを使うとか。帽子もマジックテープで小さくできるようにしてます。
SOUQ
「+R」は帽子のインパクトが強いと思います。
NAMI
私も頭が大きいので、入らなかったらイヤなんで。締め付けられるのもイヤですしね。だから帽子もピッタリよりちょっと大きいめにつくってますね。

取材・文/蔵均 写真/桑島薫

個性的な「+R」のアイテムの魅力を話してくれたNAMIさん。次回最終回は、制作の現場に密着。オフスタイルにも少し迫ります。

Buy Item

この作品のクリエイター/ブランド商品はこちら

Creator/Brand

+R(プラスアール)

ファッションデザイナー

+R(プラスアール)

「+R」は、洋服と帽子をメインに展開するファッションブランドです。デザイナー自身が可愛い!欲しい!と思ったものを提案しています。

Recommend Story

おすすめのストーリー

Browsing History

閲覧履歴