+R(プラスアール) 第4回 こだわりがないのがこだわり | SOUQ ZINE スークジン

+R(プラスアール) 第4回 こだわりがないのがこだわり

+R(プラスアール) 第4回 こだわりがないのがこだわり
スカートパンツやスパッツなど新作も楽しみな「+R」。商品たちは、どのように生まれていくのか。最終回は、デザイナーのNAMIさんに制作現場について話を聞きました。
SOUQ
制作は、いつもこの部屋でやってらっしゃるんですか?
+R
NAMI
そうですね。細かい作業とか時間のかかるものは自宅でやっていますが。
SOUQ
ご自宅でも作業をしてるんですね。
NAMI
はい。刺繍とかは家でテレビを観ながらやってます。
SOUQ
家ではテレビを観ながら、アトリエではラジオを流しながら、みたいですね。
NAMI
そう。ラジオを聴いたり、Huluをケータイで観ながらやってます。
SOUQ
映像を観ながら作業できるんですね。
NAMI
観るというか聴きながらという感じですね。集中して観てないから、ながら制作ですね。
SOUQ
デザインしたり、パターンを作ったり、縫ったりしたりなどの工程で、いちばん多く時間を費やしているのは何ですか?
NAMI
縫ってる時間ですね。デザインはあまり時間がかからない。カフェや自宅で思いついたらすぐデザイン画を描きます。駅前のカフェで、おばあちゃん同士の会話を聞きながら(笑)。
SOUQ
じゃあここのアトリエでは縫う時間が多いんですね。だいたい1日どれぐらい縫ってるんですか?
NAMI
うーん。10時ぐらいにきて5時ぐらいに帰ります。夜が苦手で。朝型ですね。
+R
SOUQ
自宅とアトリエは歩いていける距離なんですか?
NAMI
暑い日は自転車使いますけど、歩いても10分かからないですね。
SOUQ
職住接近でいいですね。煮詰まったときなど、気分転換はどうしてらっしゃいますか?
NAMI
うーん、どうしてるだろう?…近所の川にヌートリアがいるかどうか確認しに行きますね。
SOUQ
こんな街中にヌートリアがいるんですか!
NAMI
いますよ。姿を現すときと出てこないときがあるんですが。今日はいるんかなあ…。
SOUQ
確認しに行きますか。
NAMI
えっ、今からですか。
SOUQ
ええ行きましょう!
+R

(自転車に乗って、近所の川へ行くNAMIさん)

SOUQ
噂の素足スリッポンを履いていますね。
NAMI
これが実は「+R」でいちばん人気のアイテムですが、量はそんなにつくってないです。全部クロスステッチで永遠にバッテンをつけていって、手で刺繍しているので、つくるのに時間かかるんですよ。
+R素足スリッポン。
毎年12月12日の「+R」周年イベントでオーダーをとって5、6足がつくられる。
SOUQ
この川は、鴨とか猫とかいろんな動物がいて、気分転換に訪れるのはいいですね。
NAMI
そうなんですよ。今日はヌートリアいるかなあ…あっ、いた!
+RNAMIさんのアトリエ近くの川で泳ぐヌートリア。

(ヌートリアの存在を確認して、ふたたびアトリエへ)

SOUQ
ミシンはどういうものを使ってるんですか?
NAMI
JUKIとブラザー。職業用ミシンっていって、家庭用ミシンと工業用ミシンの間ぐらいのものを使ってます。
SOUQ
職業用というのがあるんですね。
+R
NAMI
見た目は普通の家庭用のようですが、真っ直ぐしか縫えない。
SOUQ
糸もかなりの色バリエーションがありますね。
NAMI
でも、買い足すのは赤と白と黒だけですね。他の色とかは縫製工場から昔もらったものです。緑のバリエーションとかめっちゃあるけど、一生減らへんみたいな(笑)。
+R
SOUQ
パターンもつくられたりするのですか?
NAMI
こんな感じでつくってます(パターン図を見せてくれるNAMIさん)。お客さんから「前のアレが好きだった」「前のアレはないんですか?」って言われることも多いから、パターンを見返すこともありますね。
SOUQ
縫製手順もしっかり書いてありますね。意外と言っては失礼かもしれませんが、ちゃんとしてますね(笑)。
NAMI
A型がちょいちょい出てくるんですよ。
+R
SOUQ
昔から服はお好きだったんですか?
NAMI
おかあさんがワンピースつくってくれたり、パッチワークをやってたりするのを見ていましたね。小さい頃から万博のフリマに連れていってくれたり。古着も好きで、ずっとリメイクをしてたり。
SOUQ
英才教育ですねえ。服をつくるのに、とっておきの道具があったら教えてください。
NAMI
特にないですね。だいたい百均とかでいいですし。こだわりのないのがこだわりですかね。
SOUQ
弘法筆を選ばずか。これから、こんなものをつくっていきたいというものはありますか?
+R
NAMI
もうちょっとオートクチュールみたいなものがあってもいいかなと思います。何十万もするような服。やってみたいけど、日々暮らすお金はいるので、いまはそれに追われてる感じですかね。だからといって寝ずにやるほどの熱意はないです(笑)。5時になったら帰りますし。生活がいちばん大事というか。結構この世界の人は、ごはん食べるの忘れてた、寝るの忘れてたって、ものづくりに没頭する人も多いと思うんですが、そういう方々とはベクトルが違うかもです(笑)。
SOUQ
自分が好きなものを、素直にマイペースに制作してる感じですね。
NAMI
そうですね。トータルで見て、なんとなく私がやったというのが、知らない人が見てもわかってくれる統一感、テイストがあって、自分がいいと思ったものをつくるスタイルで今はいいかなと思ってます。

取材・文/蔵均 写真/桑島薫

Buy Item

この作品のクリエイター/ブランド商品はこちら

Creator/Brand

+R(プラスアール)

ファッションデザイナー

+R(プラスアール)

「+R」は、洋服と帽子をメインに展開するファッションブランドです。デザイナー自身が可愛い!欲しい!と思ったものを提案しています。

Recommend Magazine

おすすめの記事

Browsing History

閲覧履歴