sonor(ソナー)第1回 使い手に寄り添うものづくり | SOUQ ZINE スークジン

sonor(ソナー)第1回 使い手に寄り添うものづくり

sonor(ソナー)第1回 使い手に寄り添うものづくり
さまざまな分野で活躍するクリエイターたちに焦点を当てた「ピックアップクリエイター」。今回は国産の豚革を使用してモノづくりを行うブランド「sonor」の園田明子さんにインタビュー。閑静な住宅街の一角に構えるアトリエで、ブランドのこと、ご自身のモノづくりへの思いを伺いました。
SOUQ
「sonor」というブランド名はどんな意味なんですか?
園田
主人のメールアドレスの中に「sonor」という単語が入っていて「いいな」と思ったのがきっかけです。だからそんなに深い意味はないという(笑)。あとは綴りは違うのですが、響きという意味のある「sonar」という単語に似ているのも気に入ってつけました。
sonor
SOUQ
「sonor」という名で、活動を始められたのはいつから?
園田
2009年からです。もともとは布でエプロンとかスカートとかバッグとか、いろんなアイテムを作っていたのですが、7、8年くらい前から革製品に限定して作るようになりました。

主婦的発想を取り入れたアイテムを

SOUQ
具体的にはどんな革製品を制作されているのでしょうか?
園田
最初はルームシューズとトートバッグから始めました。そこからトートバッグ以外の形のバッグや巾着パスケースペンケースといった小物も作るようになっていきましたね。
sonor
SOUQ
制作においてこだわっている点は?
園田
必ず考えるのは「使い勝手」です。デザインももちろん大事なんですけど、まずは使い勝手がいいかどうか。自分基準にはなってしまうのですが、「こんなのあったらいいな」と思うものをいつも作っています。あとは、使って下さる方の「日々の生活が少し楽しくなる」要素。バッグならリバーシブルにして、一つのアイテムで2パターン楽しめる、みたいな。
SOUQ
一度で二度美味しい的な(笑)。
園田
ですね(笑)。
sonor
SOUQ
素材は環境に配慮して作られた国産の革を使用されているそうですね。
園田
そうです。もともと個人的にケミカルなものより天然の素材が好きだったというのもあったのですが、たまたま出会った国産の豚革にすごく素敵な背景があって…。
SOUQ
というと?
園田
最初は革屋さんの店頭で見かけて「自分好みのカラーバリエーションがあっていい素材だな」と思った視覚的なきっかけだったんですけど、環境に配慮された方法で作られているからこそ、こういう仕上がりになっているんだということを後で知って、より魅力を感じたんです。
SOUQ
今では素材選びの際の必須条件になっていると。
sonor
sonor
園田
はい。そうやって国内で作られた材料を使って、国内でモノづくりをする、ということを先々に伝えていけたらいいなって。子育てを経験してから特に強く思うようになったので、未来に繋がるといいなと思いながら創作活動をしています。

革を扱う楽しさと大変さ

SOUQ
これまで革製品を作ってきて、大変だったことは?
園田
一番大変だったのは革のスリッパを作ったときですね。
sonor
SOUQ
具体的にどのあたりが?
園田
単純に作った数が多かったからというのもあるんですけど、縫い代の部分だけ革を薄くしなければいけなくて、その革をすく作業がとにかく大変で…。
SOUQ
革をすくんですか?
園田
革は硬いので、薄くしないと縫えないんです。今なら自動の革すき機があるんですけど、当時はなくて、全部手作業でやってたんです。野菜の皮を剥くピーラーみたいな道具を使って、何百枚というパーツを一枚一枚、手ですいていました。
SOUQ
考えただけで気が遠くなる作業ですね。
園田
あれはつらかった(笑)。あと、スリッパって縫った後にひっくり返す作業があるんです。
SOUQ
それも硬いから大変なのでは?
sonor
園田
そうなんです。何回もやっていると、摩擦で手が火傷みたいになっちゃって…。
SOUQ
これも“革あるある”?
園田
そうですね。スリッパは特にひっくり返す作業があるので、その点で数が多いとどうしても軽いやけどのような状態になります…(笑)。
SOUQ
今お聞きした限り、布よりも扱いが大変なのでは?
園田
布は切りっぱなしにしておくとほつれてきてしまうので、中の始末を考える必要がありますが、その点、革は切りっぱなしのままで大丈夫。厚みがある分大変な面もありますが、工作みたいに結構自由に作れるところが楽しいですね。

取材・文/林知子 写真/東泰秀

偶然出会った革との出会いがブランドの大きな転機に。「革製品作りは大変な面もあるけれど、楽しい」と素敵な笑顔で話す園田さん。次回は、モノづくりに興味を持ったきっかけ、ブランドを立ち上げるまでの経緯など、園田さんのパーソナルな部分に迫ります。

Creator/Brand

sonor(ソナー)

やさしい革のものづくり

sonor(ソナー)

丁寧な手仕事から生まれる 人にも環境にも優しい商品。 sonorは国産の素材を使用し、1点1点に想いを込めて制作しています。

Recommend Story

おすすめのストーリー

Browsing History

閲覧履歴