tamaki niime 第1回 播州織との出会い | SOUQ ZINE スークジン

tamaki niime 第1回 播州織との出会い

tamaki niime 第1回 播州織との出会い
ものづくりに取り組む日本各地のクリエイターを紹介する「ピックアップクリエイター」。今回は、播州織を用いた日常着を手掛けるファッションデザイナー、tamaki niime(玉木新雌)さんに会いに、兵庫県西脇市のLabを訪れました。
SOUQ
すごく広い! 気持ちのいい工房ですね。
玉木
西脇へ来て、4回目の引っ越しなんです。最初はお店だけで始まって。工房を併設するようになって、ちょこっとずつ大きくなっています。
SOUQ
服をつくる生地として、どうして播州織を選ばれたのですか?
玉木
ブランドを立ち上げた頃から、やわらかいもの、着心地のいいものが欲しいという気持ちだけはあって。
SOUQ
いまつくられている服につながるイメージですね。
玉木
でも、どんな素材を使えばいいかがわからなくて。一生懸命探しまわって、あるとき、東京で開かれていた素材の展示会で西角さんっていう播州織の職人さんに出会って。生地といえば大量生産が当り前だけど、西角さんは“再現性がない、一点もの”の生地をつくっているんだと。
tamaki niime
SOUQ
職人というより作家のような。
玉木
すごくおもしろい! と思ったんですよね。私も一点ものの服をつくりたかったから。生地で一点ものができるなら、服も必ずできると。西角さんが播州織の職人さんで、その産地が西脇だった。それで初めて西脇へ来て、西角さんに一点ものの生地づくりを見せてもらって。この人とやるしかない!って、そのときに決めちゃったの。

“西角さん”がいる西脇へ

SOUQ
播州織を選んだ、というよりも、決め手は西角さん?
玉木
そうなんです。まさかまさかの展開で。それが2006年のこと。当時は京都や大阪を拠点にしていて、西脇へ移住することは考えてなくて。
SOUQ
播州織を使いながらも、ブランド拠点は都市部だったわけですね。
玉木
そのうちに、西脇市の商工会議所から、西脇でもお店をやってもらえませんか?って。播州織は、生地として販売されることが多くて、地元では完成品を見る機会がなかったそうです。地元の人に播州織を使った作品や製品を見てもらいたいから、とお話をいただいて。
tamaki niime玉木さんの愛犬、リモちゃん
SOUQ
西脇は、ショップだけで始まったんですね。
玉木
お店を運営してくれる方を探して、お願いしていました。最初の1年目は地元の方がいろいろと手助けしてくださって、なんとか続けることができた。でも、2年目が苦しくて。風変わりな服をつくっているし、お店は大通りではなく、徒歩でしか行けないような細道にあったし。風情はあったんだけどだれにも気付かれないような場所で、来客数は多くて1日10人とか…。お店を任せていた店長さんの心も折れてしまって。
SOUQ
継続が難しい…と。
玉木
で、私が店に立ってみよう!と。西脇がどんなところなのかを含めて、自分でお店の可能性を探ってみようと思ったんです。店に寝泊まりして、お風呂は近くの銭湯に行って。
SOUQ
住み込みで?!
玉木
そうなんです(笑)。そのとき良かったのは、生地を織っていただいている職人さんと距離が近かったこと。西角さんが、「これからあの試作品を織るけど来れるか?」って電話をくださるようになって、15分後には駆けつけられる距離だった。
SOUQ
それは京都や大阪ではできないですね。
バナー
tamaki niime

まるで絵を描くような織物

玉木
実際に試作品の織りを見せてもらって、想像していたものと違う、もっとやわらかいはず! ということをその場で伝えて、また織ってもらって。まだ違う、もうちょっと! じゃあ、これでどうだ?! みたいな掛け合いをして、30分~1時間後にはイメージ通りのものができる。
SOUQ
すごいスピード感ですね。
玉木
本来、試作から完成まで数カ月かかるものが、その場ででき上がってしまう。職人さんが近くにいることで、開発の難題が一気に解決できた。それで西脇へ来ようと決めたんです。
SOUQ
播州織の生地にはどんな魅力がありますか?
tamaki niime
玉木
私は福井県出身で。シルクやポリエステルの産地で、生地は基本的に無地で織る。白い糸で生地を織り、後から着色する。だから、生地を織る工場は淡々と機械が動く単色の世界。見ていても全然おもしろくない。地元で織りの現場を見せてもらったことがあるけれど、すてき! なんて思ったことがなかった。でも、播州織は先染め織物といって、あらかじめ染めた糸を使って織り上げていく。縦糸と横糸のバランスで何通りもの色模様を出せるっていうのが、まるで絵を描いているような感じで。
SOUQ
たしかに、色とりどりのLabはワクワクします。
玉木
それから、播州織は素材がコットンなのもいいなぁと思う。肌触りが良くって、気軽に洗濯できる。日常に使える気持ちよさがコットン素材のいいところ。私は高級嗜好じゃなくて一般庶民なので(笑)。洗濯機に放り込んで、サッと洗える服がいい。

取材・文/村田恵里佳 写真/桑島薫

ひとりの職人さんとの出合いから、西脇市へ辿り着いた新雌さん。次回第2回は、新雌さんご自身のファッションルーツをうかがいます。

Buy Item

この作品のクリエイター/ブランド商品はこちら

Creator/Brand

tamaki niime(玉木新雌)

ファッションデザイナー

tamaki niime(玉木新雌)

兵庫県西脇市を拠点に地場産業である播州織を使った、デザイナーの玉木新雌によるファッションブランドです。

Recommend Story

おすすめのストーリー

Browsing History

閲覧履歴