tronco(トロンコ)第1回 わずかに残す使い方の〝余白〟 | SOUQ ZINE スークジン

tronco(トロンコ)第1回 わずかに残す使い方の〝余白〟

tronco(トロンコ)第1回 わずかに残す使い方の〝余白〟
さまざまなジャンルで「ものづくり」に取り組むクリエイターにお話をうかがう「ピックアップクリエイター」。今回は、革を使った小物や靴を手作りしている「tronco(トロンコ)」の立花怜己さんにお話をうかがいました。まずは、SOUQ ZINEで販売中の「お道具入れ」について。たくさん入って大きく開ける、あの便利なアイテムは、どんなふうに生まれたのでしょう。
SOUQ
tronco(トロンコ)さんのアイテムというと、あのたっぷり入る「お道具入れ」を思い浮かべてしまいます。もちろん、きちんと仕舞って持ち運ぶこともできるし、デスクにオープンにして置いておくこともできる。それって、ものすごく画期的ですよね!
立花
ありがとうございます!わたしも、筆記具や作業で使うクリップなんかを入れて愛用しているんです。
tronco
SOUQ
あ、けっこうたくさん入ってますね!
立花
そうなんですよ、入るのでついつい何でも入れちゃって(笑)自宅でも作業することがあるので、毎日の家とアトリエの移動には持ち運んでいるんですけど、たまに中身を精査して減らさないと荷物が重くなっちゃうんです(笑)

欲しい!から生まれた持ち運べる「箱」

SOUQ
この道具入れって、折り方がユニークですよね。ガバっと開いてくれるから、中身が全部見えやすくて便利だなぁと。
立花
もともとは、道具を入れるための「箱」を作っていたんです。
tronco
SOUQ
なるほど、「箱」を!
立花
そこから、その「箱」を折りたためたらいいなと思っていろいろ考えて、今のスタイルが一番収まりがよかったんです。
SOUQ
折り紙みたいですよね!
立花
確かに、そうですね。折り方を探るときも、そんな感じでいろいろ試しました。
SOUQ
道具入れを作るきっかけはあったんですか?
立花
最初は、商品化というよりも自分のためですね。今までは、既製品のファスナーで開け閉めするタイプやがま口のポーチを使っていたんですけど、中身が飛び出してしまったり、閉まらなくなってしまったりして。
tronco
“tronco”
SOUQ
確かにこの中身をそういうポーチに入れ替えたら、パンパンになりそうな(笑)
立花
まさに、そうなんですよ。しかも、取り出しにくくて。それで、そういうストレスが一切なくて、尚且つ、丈夫で破れないものを作りたかったんです。
SOUQ
生地もしっかりしていますし、革のパイピングもしてあるので、ちょっとやそっとじゃへこたれなそうですね。
立花
はい、確かに丈夫ですね!でも実は、革製品しか作ってこなかったので、生地の処理がわからなくて。それでほつれないように革のパイピングをしていたんです。デザイン的に、どこかに革を入れたいっていうのもありましたけどね。結果的に、より丈夫なものに仕上がりました

アイテムの用途は、あえて決めすぎない

SOUQ
このアイテムって、道具入れとして販売はしていると思いますけど、いろいろな使い方ができそうですよね。
立花
はい、パスポート入れにしているという方もいらっしゃいましたし、通帳と印鑑を入れているなんていう方もいらっしゃって。「こういう使い方もあるんだなぁ!」とお客さまに気づかせていただくことも多いですね。
SOUQ
たしかに、サイズ的にそういうものがはいるのは嬉しいですね。旅行に行くときに小物を入れたり、小さいサイズはアクセサリー入れにするのもよさそうだなぁ、と思っていました。
立花
自由に使っていただけたら嬉しいですね。この「お道具入れ」に限らず、小物は用途を決めすぎないようにしているんです。
SOUQ
使い方の余白を残しておく、という感じでしょうか。
立花
そうですね。レザーポットも、イベントに出展するときは、見本として植物を入れておくことが多いのですが、お客さまとお話ししていると、収納に使いたいとおっしゃっていただいたり、バッグにしたいから持ち手をつけてほしいとオーダーいただいたり。
tronco
SOUQ
なるほど!おもしろいですね。家で使うか、身につけるか、みたいな。
立花
そういう意味では、すべてのお客さまがそうというわけではありませんが、男性はインテリアとして使う方が多くて、女性はバッグとして使う方が多い印象です。あと、男性は「つくり」で興味を持ってくださって、女性は「かたち」で興味を持ってくださるところがある気がします。直接お客さまとお話しできる機会は、そういう発見もあっておもしろいですし参考になりますね。

取材・文/内海織加 写真/東泰秀

使う人によってアイテムの用途が異なり、使い方の可能性が広がっていくのは、きっと、デザインのシンプルさもあってのこと。次回は、立花さんがデザインやものづくりにおいて大切にしていることについて、お話をうかがいます。

Buy Item

この作品のクリエイター/ブランド商品はこちら

Creator/Brand

tronco(トロンコ)

革作家

tronco(トロンコ)

ニュートラルなデザインと生活に寄り添う革製品のブランドです。
革やキャンバス生地を使用した、靴や財布などの革小物、お道具入れや収納バッグ、ルームシューズなどの生活雑貨を制作しています。

Recommend Magazine

おすすめの記事

Browsing History

閲覧履歴