CREATION’S CONNECTION VOL.4 「RGB laboratory」代表 富島修司さん、翁拓史さん | SOUQ ZINE スークジン

CREATION’S CONNECTION VOL.4 「RGB laboratory」代表 富島修司さん、翁拓史さん

CREATION’S CONNECTION VOL.4  「RGB laboratory」代表 富島修司さん、翁拓史さん

VOL.4

クリエイターからクリエイターへ。数珠つなぎで紹介してゆくこのコーナー「CREATION’S CONNECTION」へようこそ。 今回ご紹介するクリエイターは、油彩作家の「Kiiman」さんからの紹介で、「RGB laboratory(以下RGB)」代表の富島修司さんと翁拓史さんです。

KiimantoRGB

推薦理由

「RGB laboratory」を紹介します。翁さんと富島さんという二人組のデザイナーが作るブランドですが、一言で言うと「とんでもない二人組」です。
私が知った時は漫画に描かれる「ガ」「ゴ」「ド」等の“効果音リング”を発表していました。ジュエリーを作っているブランド、そんなイメージを持っていましたが、その頃から発表し出した“縫製しない組み立てる革製サンダルや今注目を集めているカスタム可能なシューズ”が、無限大の可能性を秘めたシューズで、一度履くと遊び心に火がついて【足元の着せ替え】がやめられなくなっちゃいます。
カッコいいも可愛いも組み合わせ方次第でどんなジャンルのファッションにも変身できる、そんな商品を開発するおふたりの知られざる素顔や魅力も聞けたらとご紹介させて頂きます。
Kiiman

Kiiman
まずはおふたりの関係性とブランドを立ち上げたキッカケについて教えてください。
RGB
知り合ったのはオキナが10代の頃です。(笑)もう大昔ですね。二人共それぞれアートワークをギャラリーなどで発表したりしていました。美術というカテゴリーをもう少し広い視点で見つつ新しくカテゴライズできないかと…2人の意見がまとまったのがRGBのキッカケです。意外とフワッとスタートした感じです。
Kiiman
ブランド内での翁さんと富島さんの役割や担当はありますか?どうやって商品が完成されていくのか知りたいです。
RGB
役割りや担当は特に決まってません。ただ…向き不向きが有る様で…PC関係や計算などはキチッとした富島様に任せてしまっています…。
オキナはチョット…スミマセン。商品の成り立ちは色々ですが…実は面白いくらい意見が合わない事が多いです。大筋は合意していても細かな所に至るまでマァ合わない事が多いですね(笑)
今となっては良い事だと思っています。違う視点で意見を出し合う事でクオリティが上がるなら…良い事ですよね。
Kiiman
RGBさんはいつも何か面白い事を企んでいるように見えていて、次は何をするんだろうかと予測がつきません。過去ふたりが作ったプロダクトデザインでも知らないものが多々あります。カスタムシューズの他に、過去どんなものを発表されていましたか?
RGB
次に何をするのかは、僕らにも予測出来ません…(笑)
アートなのかデザインなのか?そのボーダーラインを探っているラボなので、ジャンルは特に決めていません。組立可能な服や、家のカタチをした照明、迷路の様な障子、器のような蚊取線香、電球をそのまま使用したスノードームなどなど…言葉にしてみるとホントに訳わからない感じですね(笑)
今後も訳わからないものを創っていけたらと思っています。見た事ないものは、見た事ないですからね。自分達でも楽しみにしています。

「RGB laboratory」さんよりご自身のブランド紹介

RGB laboratory

代表
デザイナー富島修司、彫刻家翁拓史2人からなるユニット。ブランド名はいかなる色でも表現可能な光の三原色【 R(赤)G(緑)B(青)】を意味します。
Design+ARTの視点から新たな商品価値を生み出す為に、作品と商品・発表と発売・制作と生産、等のボーダーラインを探っています。

http://dr-select.ocnk.net

NEXT CONNECTION

RGBtoRBT

PAST CONNECTION

FukunagatoKiiman

Recommend Story

おすすめのストーリー

Browsing History

閲覧履歴