COCHAE(コチャエ) | SOUQ ZINE スークジン

Creator / Brand

COCHAE(コチャエ)

デザインユニット

COCHAE(コチャエ)

“あそびのデザイン”をテーマに活動する軸原ヨウスケ、武田美貴による デザイン・ユニット。 2003年、「折紙をもっとポップに!」をキーワー ドにグラフィック折紙を制作。現在は新しい視点を持った玩具や雑貨の開発、出版企画、商品企画、展示など 幅広い活動を行っている。

このクリエイターをお気に入りに登録する
COCHAE(コチャエ)
デザイナー YOSUKE JIKUHARA&MIKI TAKEDA。
ブランド名の由来は、出身地である岡山県の伝承民謡『備前岡山太鼓唄(こちゃえ節)』から引用。 「こちゃえー、こちゃえー」の節回しは天保時代に流行した俗語であり「こちらへどうぞ」「こっちはいいぞ」など複数の意味を持つお囃子言葉。 昔の遊びか一部のコアな趣味としてしか認識されていなかった、ORIGAMIの魅力をオシャレにそして、POPに見せ方を変えて提案したいという思いをきっかけに創作活動をはじめました。 忘れられかけている伝統や、地域に根ざした文化を発掘し、継承していきたい。 そんな想いがCOCHAEの活動の原点にあります。
COCHAE(コチャエ)
昔の絵付き折り紙を復刻したり(古典折り紙、カワイイヲリガミ)、昔から伝わる折り方にイラストを入れたりした商品を作っています(日本の伝承折紙)。 折るだけで、立体になりオブジェになるものもあり、一人で折っても楽しいですが、世代を越えて皆さんでワイワイしながら折っていただきたいです。 「驚きと喜びのある物づくり」。 手に取った人が幸せな気持ちになり、運を開くきっかけとなるような、 デザインとプロダクトの制作をめざしています。

折り紙パズル「ファニーフェイスカード」が日本グッドデザイン賞(Gマーク)2008受賞。著書に『折りCA』(青幻舎)シリーズ、『妖怪おりがみ』(講談社)など多数。『猫のパラパラブックス』(青幻舎)で造本装幀コンクール2013審査員奨励賞、『トントン紙ずもう』(コクヨWORK×CREATE)がグッドトイ2013選定。 「kokeshi book 伝統こけしのデザイン」(青幻舎)などの写真集の企画・編集・デザインも手がける。

【もっと知りたい方は・・・】
・HPはこちら>>>http://cochae.com/
・instagramはこちら>>>cochae

バイヤーレコメンド

初めてCOCHAEさんの活動を知ったのは、
数年前「折りCA」という書籍をたまたま書店で見かけた時でした。

パッと目を引くイラストで、 こんな折り紙、お子さんは絶対喜ぶだろうなぁ!と、思って書店さんを通じてアプローチ。
そして昨年末、ご縁があり、“スーク文具店”のイベントにご出店頂き、
幅広い世代の方にCOCHAEさんの折り紙を手にとって頂きました。

紙は“書く”ものとばかりついつい思いがちですが、
紙を折って、平面を立体にする作業は、大人になってもワクワクするものです。

今は2020年4月、こんな時だからこそ、お家で折り紙遊び、
楽しんでみられませんか?

担当バイヤー:山田 真悠子

Browsing History

閲覧履歴