古谷製陶所(ふるたにせいとうしょ) | SOUQ ZINE スークジン

Creator / Brand

古谷製陶所(ふるたにせいとうしょ)

粉引の器

古谷製陶所(ふるたにせいとうしょ)

滋賀県の信楽に窯を持つ製陶所です。どんなお料理も引き立てる『粉引きの白い和食器』作りにこだわりがあり、白の中に見える豊かな表情は器に温かみを与えています。

このクリエイターをお気に入りに登録する
古谷製陶所(ふるたにせいとうしょ)
古谷製陶所の古谷浩一さんは、祖父の代から続く窯元で育ちました。こだわりは「使う器」であるということ。サイズ、重さ、価格、作業性、あらゆる面で「使う」ということを意識して作っています。「日々の暮らしの中で一番大切な時間」それは家族が集まってご飯を食べたり、お茶やコーヒーを飲みながらホッとしたりする時間。そんな時間がより豊かになるように、人々の暮らしにそっと寄り添っていけるようなそんな器作りを心がけています。
古谷製陶所(ふるたにせいとうしょ)
古谷製陶所の粉引のうつわは、独自の土で作った素地に白泥で化粧がけし、薄く釉薬をかけて焼きあげています。 うつわ表面の下から優しく素朴な土味が見え隠れする姿は深みがあり、丈夫でシミにくくするために2度の焼成が行われています。食卓をトータルで演出できるラインナップで、使って楽しくなる器です。
【もっと知りたい方は・・・】
・HPはこちら>>>http://kohiki-furutani.com/
・instagramはこちら>>>http://instagram.com/hirokazu_furutani

バイヤーレコメンド

使い易く、飽きない、そして料理が映えるといった食器の要素を踏まえているうえに、
陶芸としての味、風合いも纏っているという万能な器です。
古谷浩一さんが、器を作ることが日常であり、あたりまえの環境に生まれて来られているというのも、 リキミのない作品を生み出している大きな要素だと思います。
また、古谷さんご自身のおおらかさや温かさを知って、この人が作っているんだなあと思うと
さらに愛着が湧いてきます!

担当バイヤー:国井 祐子

Browsing History

閲覧履歴