【HABUTA’S SHOPPING MANUAL 1 TO 100】No.013 | SOUQ ZINE スークジン

【HABUTA’S SHOPPING MANUAL 1 TO 100】No.013

【HABUTA’S SHOPPING MANUAL 1 TO 100】No.013

No.013  STAEDTLER(ステッドラー)の蛍光色鉛筆

今回は筆記具の話。
私は、線引き魔です。

書かれたものを読みながら、大切だと思う部分に線を引きます。
線を引いたあと読み返すことのないプリントにも線を引きます。
たぶん線を引きながら読むことで、頭に入れる作業をしています。

線を引くときに使うのが、ステッドラー社「テキストサーファードライ」という名の、
蛍光色鉛筆です。

ペンではなく、蛍光色の色鉛筆です。
ステッドラー社は文具・製図用品・画材を取扱うドイツの文具メーカーで、銀色の製図用の
シャープペンシルが有名だと思います。

普通の鉛筆よりもちょっと太い三角軸の色鉛筆は、机の上をコロコロと転がることがありません。
そして線を引いたときの、ぐにゅっと紙をとらえるテクスチャーが好きです。

ネオンイエロー ・ネオンピンク・ ネオンオレンジ・ ネオングリーンの4色が発売されています。

ただ、ひとつ難点は、太芯用の鉛筆削りが必要なことです。
私は同じくステッドラー社の太芯用を用いてます。


時々この色鉛筆の削りかすを紙の上に広げ、
蛍光色の芯を含んだ削りかすが綺麗だな、と捨てるのを躊躇するときがあります。

先週、「ISOT」という文具業界最大の展示会に行ってきました。
あらゆる文具・紙製品、オフィス用品が一堂に出展するこの展示会では、初めて発表される新製品や国内外の情報を知ることができます。

そこに、「鉛筆の削りかすを楽しむための鉛筆削り」が展示されていました。
精緻なアルミ削り出し上下蓋と透明のアクリルの容器で作られた、その小さな手動の鉛筆削りは
1万円を超えます。
2枚刃が装着されているので、削りかすは、まるで孔雀の羽のような形で容器の中へ
落ちていきました。
左右に広がっていく美しさを楽しみながら削る。
世の中には私のほかにも、削りかすの造形美に惹かれる人がいたのです。

何がメインで、何がサブか?
もう、そんなのはどっちでも良くて。
固定概念をひっくり返すアイテムの登場に、胸が躍ります。

※鉛筆の削りカスはペンシルフレークと呼ぶらしく、
削ったペンシルフレークを透明なケースに入れたオブジェ、
「Pencil flakes in Acrylic Box」というものが販売されているから驚きです。

Recommend Story

おすすめのストーリー

Browsing History

閲覧履歴