岩本清商店(いわもときよししょうてん) | SOUQ ZINE スークジン

Creator / Brand

岩本清商店(いわもときよししょうてん)

金沢桐工芸

岩本清商店(いわもときよししょうてん)

金沢の伝統ある桐工芸を、現代のライフスタイルに合うデザインで提案しています。

このクリエイターをお気に入りに登録する
岩本清商店(いわもときよししょうてん)
「岩本清商店」は、1913年から代々続いている金沢の伝統工芸です。元々は火鉢が実用品だった頃に、火鉢を中心に製作していました。その時代の生活様式に合った品物で、生活を豊かにできるものを作ってゆくことを、テーマとしています。また、火鉢から始まっている工芸なので、現代のライフスタイルに合う形の火鉢も提案してゆきたいとのことです。
岩本清商店(いわもときよししょうてん)
「ちょこっとトレー」というお茶とお菓子、お酒とおつまみなどを載せられる商品が代表的な商品です。石川県金沢市瓢箪町にて1913年(大正2年)に創業し、桐火鉢・桐工芸品を作りつづけてきました。桐の表面を焼くことによって生まれる、暖かみのある木肌と、少し盛り上がった蒔絵が見どころです。伝統工芸という枠にとらわれることなく、現代の生活に合う、使いやすい形やデザインにこだわって作られています。
【もっと知りたい方は・・・】
HPはこちら>>>https://www.kirikougei.com

バイヤーレコメンド

「岩本清商店」とは、お嬢さんの歩弓(あゆみ)さんと『うめだスーク』で「乙女の金沢」を開催してからのお付き合いです。彼女が書いた金沢のガイドブック「乙女の金沢」がほんとうに面白く、是非この方に会ってみたい、そしてイベントをしてみたい、という思いを長年募らせ、金沢には何回もお邪魔させていただきました。そしてイベント開催がかなった際は、歩弓さんをはじめ、皆さんが金沢からいらしてくださり本当にうれしかったのを覚えています。
1913(大正2)年創業という100年以上続く老舗で、桐火鉢、桐工芸が看板商品ですが、歩弓さんを中心に若手が考案した「ちょこっとトレー」「てるてる」などの新商品も多く、人気です。その傍らで「まんまる夏火鉢」など、復活を遂げた商品も多く、いつまでも色褪せないものづくりを続けている「岩本清商店」はカッコイイなと思っています。

担当バイヤー:国井 祐子

Browsing History

閲覧履歴