「セッセバッグ」 | SOUQ ZINE スークジン



SOUQZINEをご覧のみなさま、こんにちは。
「セッセ」担当バイヤーの北村です。
毎日暑い日が続きますが、体調崩されていませんか?
今日は、私たちセッセのメンバーが絶賛製作中の「セッセバッグ」のお話を。

セッセのオリジナルバッグがあるのをご存知ですか?
ハンプの生地に黒の線画で描かれた『はさみ』・『針山』・『ミシン』・『糸』。
何で線だけ?と思うかも知れませんが、これは、「自分で好きなようにクリエイトすることを楽しむバッグ」だから、線画だけなんです。

どんな風に仕上げるかは、作る人の感性と努力・・・。「100人作れば100通りのものが出来上がる」そんな思いで作ったバッグです。

まずは、クリエーターの皆さんに制作いただいた「クリエイティブバッグ」をご紹介します。

刺繍糸を使ったこの作品は、ランダムにいろんな色の刺繍糸を使ってステッチ。色使いがとっても可愛いバッグに仕上がっています。(E.I 岩切エミさん作)

同じ刺繍糸を使っても、作る人が変わればこんなに変わる!!ちょこっとだけ、そこをつまんで縫ってしまえばマチありのバッグに変身です。(Angie Angie あしだのぶこさん作)

生地を使ったバージョンはこんな風に。元々持ち手がないこのバッグ。肩から提げて持ち歩けるようにと、生地で持ち手をつけて、フリルもあしらって。(アトリエZUZU 山田鈴子さん作)

ビーズを使ったバージョンは、とっても華やか。キラキラ感がかわいいですね。クラッチバッグ風に仕上げています。(ラティーフ 作)

いよいよ私たちの出番です。
私は、この材料を使ってクリエイティブバッグ制作中。

頭の中では、あんな風に・・・とか、こんな風にとか・・・。持ち手部分が取り外せるバッグに仕上げたいと思っています。私だけじゃありませんよ。セッセのみんなもせっせと制作中。

どんなバッグが出来上がったかは、是非売場で確認してみてください。
8月28日(水)から店頭でご覧いただけます。
是非、皆さんもクリエイティブバッグ、制作してみませんか?

※画像の作品見本は、参考作品です。

Recommend Story

おすすめのストーリー

Browsing History

閲覧履歴