好きなものに出会う旅 | SOUQ ZINE スークジン

好きなものに出会う旅

好きなものに出会う旅

こんちわ!スークバイヤーの国井です。
暮しとアートを担当しています。
山は登りより下りが好きな下山家です。
三線(沖縄の三味線)修行中。
大阪こけし教室会員。
登野城婦人会サブメンバーです。
山、三線、こけし、現代美術、仏像・・・と個人的に好きなものがたくさんあるのですが、「好きなものに出会う旅」では、それらを通して、今まで知らなかった人やもの、 風景に遭うことができた!という体験をお話していきます。

2回目の今回は、みやぎ鳴子温泉郷で開催された「第64回 全国こけし祭り」の模様です。
こけしは10年以上前から気になっていたのですが、 うめだスークで「こけし祭り」を開催させていただくようになってから、 本格的にコレクションを開始し、昨年は「大阪こけし教室」にも入会しました。

好きなものに出会う旅

玄関のこけしコレクション



そして、念願の「こけし祭り」です。
土日がメインなのですが、勿論、金曜日から鳴子入りして、翌朝に備えました。
金曜日の夜には温泉神社で「こけし供養祭」も拝見できました。

いよいよ当日の朝。
会場の鳴子小学校に一番近い「鳴子ホテル」に宿泊していましたので、 落ち着いて開場10分前に到着しました。 なんと、そこには既に100人以上の列が・・・! こけし人気を再確認した瞬間でした。 入場すると今度は佐藤康広工人のこけし購入の列です。 1人1本なので、選ぶのに時間がかかっています。 佐藤康広工人はビームスさんと作った“インディゴこけし”で一躍時の人に。 周りのブースの工人さんたちには申し訳ないくらいの盛り上がりでした。

好きなものに出会う旅

左上)開場前の列
右上)鳴子ホテルの夕食バイキング
右下)伊達の牛タン定食
左下)鳴子ホテル 谷内六郎さんのこけし浴衣



鳴子、鳴子といいながら、結局、わたしが今回購入したのは5本とも鳴子系ではなく、 弥治郎系と遠刈田系でした!(鳴子の皆様ごめんなさい。)
最近の認識としては、“特に弥治郎系のこけしが好き”ということです。
次回は是非、弥治郎系こけしの里 宮城県白石市の鎌先温泉を訪れてみたいと思っています。

好きなものに出会う旅

今回の旅で購入したこけしたち

Recommend Story

おすすめのストーリー

Browsing History

閲覧履歴