好きなものに出会う旅 | SOUQ ZINE スークジン

好きなものに出会う旅

好きなものに出会う旅



こんちわ!スークバイヤーの国井です。暮しとアート、文具を担当しています。
山は登りより下りが好きな下山家です。三線(沖縄の三味線)、八重山民謡 修行中。
大阪こけし教室会員。登野城婦人会サブメンバーです。

「好きなものに出会う旅」では、山、三線、こけし、現代美術、仏像・・・
と(個人的に好きなものがたくさんあるのですが)、それらを通して、
今まで知らなかった人やもの、風景に遭うことができた!
という体験をお話していこうと思っています。

京都へのショートトリップ

好きなものに出会う旅

今回は京都へのショートトリップです。見頃の紅葉も堪能することができました。
場所は10階南街区にもご出店いただいているグランピエさんの迎賓館、鹿ケ谷山荘です。
毎年この時期に開催される「秋のトライバルラグ展」を拝見しつつ、 ペルシャの打楽器、打弦楽器による演奏会と旅する料理人船越雅代さんによるディナーを楽しむ夜でした。

トライバルラグの“赤”

好きなものに出会う旅

今年のラグはクルデイスタン。中東のクルド族が織る丈夫な敷布として世界的に有名です。
地域によって織りのテクニックや文様も様々ですが、力強さの中にも愛らしさやアートを感じる 物が多いのも特徴です。
わたしはトライバルラグの“赤”に強く惹かれます。しかもかつては鮮明な赤だったのが、 時を経て褪せた色になっているものが特に好みです。
写真のラグは、テントの入口に掛けられていたもの。 細い糸で丁寧に時間をかけて織られたものです。売るためではなく、家族で使うためのものなので 時間も材料も惜しまず、贅沢に作られています。
いつかは、1枚!とひそかに思っています。

好きなものに出会う旅

また、年に1度この時だけお会いする船越雅代さんにも興味津々です。
彫刻を専攻後、NYの料理学校を 卒業して、NYのレストランに勤めた後、ヨーロッパからアジアを放浪。客船のシェフとして太平洋を巡り、バリの老舗 ホテルのシェフ、京都でレストランkilnの立ち上げに参加、シェフ/ディレクターを務め、現在、食の可能性を 追求するスタジオFarmoonオーナーという輝かしい経歴の持ち主です。
毎年、グランピエさんのイベントで用意される その年のテーマラグに合わせた1プレート料理はエスニック感満載で、食べたことのない味、見たことのない食材ばかり。 これもひとつの貴重な体験です。
来年は船越さんとお話してみたいと思っています。
(船越雅代さんは次回「SOUQ INTERVIEW」にご登場予定です。お楽しみに!)

Recommend Story

おすすめのストーリー

Browsing History

閲覧履歴