好きなものに出会う旅 | SOUQ ZINE スークジン

好きなものに出会う旅

好きなものに出会う旅


こんちわ!スークバイヤーの国井です。
暮しとアート、文具を担当しています。
山は登りより下りが好きな下山家です。
三線(沖縄の三味線)、八重山民謡 修行中。大阪こけし教室会員。
登野城婦人会サブメンバーです。
「好きなものに出会う旅」では、山、三線、こけし、
現代美術、仏像・・・と(個人的に好きなものがたくさんあるのですが)、
それらを通して、今まで知らなかった 人やもの、風景に遭うことができた!という体験を
お話していこうと思っています。

節分にまつわる旅

今回は京都~奈良への節分にまつわる1泊2日のショートトリップです。
先ずは京都壬生寺。初めて来ました。
目的は壬生狂言の「節分」を観ること。
しかし、1回目の上演は既に満席で2回目に並ぶと、その後の行程上無理だとわかり、
泣く泣く諦めることに。
狂言が観れなくなったので、空いた時間で「厄除け炮烙」を奉納。
素焼きの炮烙に祈願の内容、名前、住所を 墨で書き、奉納します。

大量に奉納された炮烙は4月の「ほうらく割」という狂言で、2階から落として割られ、
心願成就されるとのこと。境内で売られている「起き上がりだるま」も購入しました。

最近は、包装(ラッピングやショッピングバッグ)について考える機会も多いのですが
「起き上がりだるま」を購入したら入れてくれる壬生寺節分会の黄色い袋の魅力は
拒否できませんでした。

「後鬼の里」

好きなものに出会う旅
車で移動して、奈良洞川(どろがわ)で1泊しました。
修験道の開祖役行者(えんのぎょうじゃ)に仕えた鬼夫婦のうち、妻が後鬼で、
大峯山を守るため洞川に住み着いたといわれ、ここは「後鬼の里」とも呼ばれています。
(ちなみに、天河は「前鬼の里」です。)
まだ山伏になることを夢見ている身としましては役行者はHEROです!
そのかたにゆかりのある里に泊まれるとはなんとうれしいことか!
また、夜の静けさや夜景の美しさ、寒さも身に沁みました。

翌日は、天河弁財天の節分会で、豆拾い、恵方巻き、おぜんざい奪取といった
一連のイベントをこなし、帰路につきました。
クリスマス、ハロウィーンばかりでなく、二十四節気(今回の場合は“立春”)を思い出し、
季節のうつろいや昔ながらの行事に 触れてみることは、学びだけでなく、
心のゆとりやリフレッシュをもたらしてくれるように感じました。

今年は、こんな旅を増やしていこうと思っています。

Recommend Story

おすすめのストーリー