「お客様が着るときっと素敵だ!」と感じるものをセレクトする | SOUQ ZINE スークジン

「お客様が着るときっと素敵だ!」と感じるものをセレクトする

「お客様が着るときっと素敵だ!」と感じるものをセレクトする



様々なイベントやプロジェクトの舞台裏にスポットライトを当てる「プロジェクトストーリー」。今回は京都造形芸術大学の文芸表現学科の皆さんをインタビュアーに迎え、うめだスークのバイヤー2名に取材をしていただきました。 一人目はファッション担当・青木のインタビューです。是非ご覧ください!

―――――――――――――――――――

「モノを売るためには自分本位になってはいけない」。
一口にバイヤーと言っても、家具、食品、洋服など、様々な種類のバイヤーが存在します。
お客様に喜んでもらえるものを売るという意味では、どんなカテゴリーのバイヤーでも同じことが言えるでしょう。
今回、阪急うめだ本店のうめだスークでバイヤーをされている青木博美さんにお話を聞くことができました。
過去にはアパレルの経験がないという青木さん。ファッションのバイヤーとして、どのような想いを持って日々仕事をされているのか、その秘密に迫ります。
interview by 京都造形芸術大学 文芸表現学科の学生チーム




 

ー青木さんはどういう経緯で、うめだスークの「スーククローゼット」でバイヤーに就くことになったのでしょうか。

青木
もともと私はファッションのバイヤーではなかったんです。食品、介護用品、子供用品の売り場を経由し、バイヤーを担当するようになったのはリビング用品というジャンルからです。リビング用品で扱っていたのは、寝装寝具、香りの商品、インテリア商品やホームウェアなどでした。
そんな中、「うめだスーク」のファッションゾーンを一部リニューアルすると言う話を聞き「うめだスーク」という売場では、面白いことをやっているなと思って個人的にも興味を持っていたということもあり、ご縁があって、今の「スーククローゼット」でファッション担当をすることになりました。
 

ー「スーククローゼット」のバイヤーになって大変に感じたことや、新鮮で面白いことはありますか。

青木
スークでは小ロットで作っているメーカーさんや個人のクリエイターさんといった方たちが作っているものを取り扱っているので、大手ブランドを取り扱っている他の百貨店と比べて、商品の種類や生産の効率で遅れをとってしまいます。
そういうことがあるのでたくさんのコネクションを作っておきたいのですが、まずそのクリエイターさんを探してこなければいけないという点が大変です。
個展やクリエイターさん繋がりでお話をさせていただくために実際に足を運んだり、自分から能動的に動かなければなりませんが、最近ではSNSからコンタクトをとることができるようになったので、今までよりも大分楽になりましたね。
もちろん最終的に会うことには変わりないのですが、SNSから繋がることができるというのは面白いですよね。
もう一つが、大量生産できない中で百貨店としての売上を気にしつつ、お客様のニーズに合うものを買い付けるということが大変ですね。スークのターゲットは比較的年齢層の高い方に向けているため、年齢による体型の変化を考えた機能的なもの且つデザイン性もあるものを選ばないといけないからです。
 

ー「スーククローゼット」の売り場では、売れ筋商品などもあるのですか?

青木
スークでは季節でいえば、春と夏に商品がよく売れます。素材的にいうと、麻やコットンやシルクなどの天然素材。アイテムでいうとワンピースやブラウスが売れやすくなっています。
年齢層が高いお客様の場合は、色物だとか刺繍やレースが入ったものがよく売れますね。冬ものを売れるようにして年間を通しての売上のバランスを取っていくのが今の課題だと思っています。
ゆくゆくは、クリエイターさんと一緒にオリジナル商品を作ってみたいと思っています。
ニーズがあるのに世の中には無いオリジナリティのある商品を補ったり、例えば、ウールを使ったクリエイターさんが少ないので、ウールの商品を増やしたりしたいですね。

ーバイヤーとして仕事をするうえで、重要視していることはありますか。

青木
一言で説明できないので難しいのですけど、「インスピレーションと経験」でしょうか。これを売ってみたい、これを着てもらいたいと個人的に思うものはインスピレーションから、お客様のニーズに合うものと価格帯を両立させるための見極めはこれまでの経験から。価格帯などの条件を設定して、その条件に合うものになるよう、クリエイターさんとの相談も欠かせません。「経験とインスピレーション」のバランスが重要だと感じていますね。
普段から心がけていることは、何にでも興味を持って外に出ることです。インスピレーションが養われると思っていますし、好奇心から掘り下げることで色々な判断力がついてくるかもしれないからです。商品を選ぶ時には、自分の好きなものを売るのではなく、お客様目線になって、これをお客様が着ると素敵だろうなという感覚を一番に考えています。
細かい手間がかかっているものは気持ちが籠っていますし、天然素材のものでお肌に触れても気持ちがいいというようなことも考慮して選んでいます。

ー青木さんが、これからチャレンジしたいことは何かありますか。

青木
最終的にはやっぱりモノ作りがやりたいですね。日本には色々な技術が沢山あるので、藍染めなどの日本の伝統的な技術を持った方や企業と一緒に、モノ作りができたらなぁと考えています。日本の伝統は継承していく必要があると思っているので、それを「今」に置き換えてデザイナーと生地のメーカーとコラボレーションなどができたらいいですね。


バイヤー北村のインタビュー記事はこちらから

京都造形芸術大学 文芸表現学科
ライティング:保田蒼大
インタビュアー:田中随典、滝田由凪
学内撮影分:大西将揮
校正・校閲:宮脇周哉、清水陽行
テープ起こし:伊藤千紘、多田今紀
企画補助:市川光希、鬼頭崇基、後藤英治

Recommend Story

おすすめのストーリー

Browsing History

閲覧履歴