Lille og Stor Studio(リレオストアスタジオ) | SOUQ ZINE スークジン

Creator / Brand

Lille og Stor Studio(リレオストアスタジオ)

designer

Lille og Stor Studio(リレオストアスタジオ)

「Lille og Stor」とはデンマーク語で「小さいと大きい」と言う意味です。北欧の生活空間からインスパイアされた場を彩るデザインを提案し、モノづくりを通して生活に寄り添い、学びと育みのある環境づくりを目指しています。

このクリエイターをお気に入りに登録する
Lille og Stor Studio デザイナー吉金淳さんとパートナーの吉金矢子さんは、プロダクトを通し北欧の 情操的な福祉施設や学習環境に感銘を受けました。 ライフスタイルをベースにした空間を提案したり、互いを育むコトや学ぶコトの楽しさ、 そんな環境を提供したいと考え活動を開始しました。 モノづくりを通して生活に寄り添い、人と動植物を繋ぐデザインスタジオです。
Lille og Stor Studio(リレオストアスタジオ)
北欧の生活空間からインスパイアされた場を彩るデザインを提案しています。 カードケース、キーケース、サイフなどの革製品をシンプルでボーダーレスなデザインで 環境と利用者に適した製品です。

【もっと知りたい方は・・・】
・HPはこちら>>>http://www.lilleogstor.com/
・instagramはこちら>>>https://www.instagram.com/lilleogstor/

バイヤーレコメンド

吉金淳さんの作品を目にしたのは、5月末の新緑の生い茂る長野県松本市“あがたの森”で行われる「松本クラフトフェア」でのこと。 離れた場所から彼のブースを眺めていると、そこに陳列されている作品が紙のようにも革のようにも見えました。 それはどちらも正解で、吉金さんは牛のヌメ革を紙のように、時には布のような扱いをします。 作り出されるものは、縫い目がなく、多くのものは繋ぎ目も持ちません。 今、一番気になるのは吉金さんのように、必要と言われていたものを取っ払うことができる人。

そもそも彼は、松本から戻って初めての商談に、 降りしきる雨の中レインコート一枚、フードを被って現れました。 「これぐらいの雨じゃ、傘は要らないでしょ」と言ったのが彼のすべてだと思っています。

担当バイヤー:羽太 裕子