+R(プラスアール) 第2回 黎明期には、ユニークなテーマを | SOUQ ZINE スークジン

+R(プラスアール) 第2回 黎明期には、ユニークなテーマを

+R(プラスアール) 第2回 黎明期には、ユニークなテーマを

個性的なスタイルでファンの心をつかむブランド「+R」。デザイナーのNAMIさんは、服飾専門学校を卒業後、子供服会社に就職。独立して同級生と服づくりを始めました。今回は、一人になってブランド「+R」立ち上げの頃の話をお聞きしました。
SOUQ
二人時代が終わって、そこから一人で自由にやり始めたのですね?
NAMI
そうです。最初はリメイクが多かったです。
SOUQ
商品というよりは作品に近い感じですかね?
NAMI
いやいや作品なんておこがましい。普通のTシャツをちょっと加工したりとか。
SOUQ
一つ一つ、手づくりしていたんですね。
NAMI
この頃は、とにかくいっぱいつくるのがイヤだとすごく思っていて。何個も同じものをつくりたくないと思っていて。リメイクで1点ものをつくっていましたね。
R+
SOUQ
まだ販売はしていなかった?
NAMI
ただこの頃、初めて展覧会をして、見にきてくれる人も多かったし、まあ買ってみようかという人もちょこちょこいました。
SOUQ
どんな展覧会だったんですか?
NAMI
「宇宙」をテーマにした展覧会
SOUQ
ほー壮大なテーマですね。なぜテーマを「宇宙」にしようと思ったんですか?
NAMI
写真を撮ってくれる人と、映像をつくってくれた人、アクセサリーやお菓子をつくってくれた人とか、みんなとの合同展にしたんですけど、みんなで話しているうちに「宇宙にしようか」となって。
R+
R+「宇宙」をテーマにした展覧会のイメージブック。
SOUQ
この頃にブランドを立ち上げたんですか?
NAMI
えーっと、たぶん(笑)そうです。
SOUQ
そのときは、もうブランド名は「+R」だったんですか?
NAMI
そうです。なんか短いほうがいいなと思って。いちばん最初は赤い服だけつくろうと思って、REDからの「+R」にしようかなと思って。それから赤い服だけでいけるんだろうか?と思い始めて。黒い服だけとかならいけそうな気がするんですけど、赤い服だけかあ。ちょっと飽きそうやし…。
SOUQ
いろいろ逡巡してたわけですね(笑)。
NAMI
まあでもREMAKEのRとか、そのときどきでRの意味も変わっていいのかなあと思ってます。アルファベットひと文字だったら、Rの形がかわいいし。
SOUQ
ブランド名につながるだけあって、やっぱりラインアップは赤い服が多いですよね?
NAMI
そうです。結局、赤と白と黒がベースで、水色とか自分で身につけないものをつくるのはボチボチですかね(笑)。
SOUQ
パステルカラーとか淡い色というより、パキッとした色がお好き?
NAMI
そうですね。
R+
SOUQ
ブランドを立ち上げてからは、どのようにプロモーションしていったんですか?
NAMI
当時は今ほど通販もネットショップも少なくて、街場のショップの知り合いもいなかったんですね。
SOUQ
まだ立ち上げたばかりですからね。
NAMI
そんなときにちょうど東心斎橋に「jammru」という古着屋がオープンすることなって。今でもそうなんですけど、昔のアメ村のようなストリート系の服が店にいっぱいあって。すごくかわいいと思ったので、私の服を店に置いてほしいとお願いしたんですよ。
SOUQ
売り込みをしたと。
NAMI
そう。そしたらラッキーにも取り扱ってくれたんですよ! 1年ぐらい置いてもらってました。
R+
SOUQ
それはよかった。他にもお店に持って行ったりしたのですか?
NAMI
堀江に「kitty」っていう古着のセレクトショップがあるんですけど、店主のハナちゃんに私がつくった服を見せたら、「これ『モマパッチワーク』のモマちゃんなら気にいるんちゃう?」て言われて。
SOUQ
「モマパッチワーク」さんも古着を題材にされてますもんね。
NAMI
やはり古着の店で。モマちゃんは、自分でも服をつくっています。それで私の服を持って行ったら気に入ってくれて。「一度受注会をやる?」ってなって。お客さんも結構気に入ってくれまして、このとき初めて何枚も服が売れたんですよ。
SOUQ
いよいよ受注生産が始まったというわけですね。
NAMI
そうですね。そうなると注文と制作のせめぎ合い。こちらは受注してから1枚1枚つくればロスもなくていいんですけど、買うほうとしては、頼んだらすぐ欲しいじゃないですか? だからその頃から、新作を出すときはある程度の数をつくろうとなっていきましたね。
R+
SOUQ
ところで、さっきの「宇宙」もそうですが、立ち上げの頃は、テーマを決めてかなり個性的なラインをつくってらっしゃいましたよね?
NAMI
その頃、「eateRy」というテーマの食べ物ばかりの服を、アメ村のホテルで開催されていた『BODAIJU EXPO』というイベントに出したりしてましたね。
SOUQ
ホテルの部屋で展示をするんですね。
NAMI
はい。「eateRy」というのは食堂という意味で、当時のバイト先のお嬢ちゃんをモデルにして、ちゃんと写真も撮って。友達に映像をつくってもらって、それをホテルのテレビで流して。
SOUQ
服を展示するだけじゃなかったんですね?
NAMI
そうですね。空間をつくって、服はラックにかけて受注してました。
SOUQ
テーマを「eateRy」にしようと思ったのはなぜですか?
NAMI
なんでだったかなあ…忘れました(笑)。なんかアイテムをピザの箱に入れて発送したのは覚えてるんですけど。
R+展覧会で使われた「eateRy」のロゴマーク。
R+NAMIさんが見入るのは、「eateRy」のモデル写真。
SOUQ
その他にも「BARBER」とか、「ROOTS」とか、毎回全然違うテーマを設けてましたね。
NAMI
そうですね。統一感がなくて。最初はそれがいいかどうかわからなかったんですけど。5、6年やってきたら、私も自分が好きなものがわかってきたし、お客さんもだいぶついてきてくれて、こういうのをつくったらいいとか言ってくれて。
SOUQ
「+R」の進むべき道が見えた?
NAMI
最近ははっきりしてきましたかね、だから別にテーマはなくてもいいかなあと思っています。そろそろ暑いから半袖をつくろうかという感じ…あっ、そういえば「+R」ってSSのコレクションばかりでAWがないんですよ。コートとかよう作らんので(笑)

取材・文/蔵均 写真/桑島薫

毎回テーマを変えて、さまざまな顔を見せていた「+R」も、目指すべき道が定まってきたようです。次回第3回は、NAMIさんが考える今の「+R」について話をうかがいます。

Creator/Brand

+R(プラスアール)

ファッションデザイナー

+R(プラスアール)

「+R」は、洋服と帽子をメインに展開するファッションブランドです。デザイナー自身が可愛い!欲しい!と思ったものを提案しています。

Recommend Story

おすすめのストーリー