retela(リテラ) | SOUQ ZINE スークジン

送料アイコンについて
ネコポス
全国一律385円(代引配送不可)
コンパクト
全国一律605円
通常配送
924円~(お届け地域による)

Creator / Brand

retela(リテラ)

デザイナー

retela(リテラ)

retelaは、誰も見向きもしない捨てられるものと、その土地に根ざした手仕事にフォーカスし、それらを再構築して、新しい価値を見出します。2016年よりインドの「ブロックプリント」製作時に廃棄されている下敷き布を見出し、その布を再構築してさまざまなプロダクトに展開しています。

このクリエイターをお気に入りに登録する
retela(リテラ)
retela デザイナー 大越 敦子
re=再構築、再生、tela=スペイン語で生地、英語で地球を意味します。形あるもの、見慣れたものや概念を一度解体し、再構築するというブランドのフィロソフィーから名付けました。2015年にテキスタイルクリエイターさんとローンチし、レジ袋をアップサイクルしたプロダクトを作りを始めたのがきっかけで活動をスタート。古いもの、古くからしられていたもの、あるいは誰の目にもふれていたが見逃されて捨てられていたものを、新しいもののように観察し、新たな視点で見直し再構築して新たな価値を見出しプロダクトを製作しています。その特別なプロダクトをひとつ、ひとつ大切に作り、世界に一つしかないプロダクトを本当に必要だと思ってくださる人に届けて、たくさんの人に喜んで欲しいという思いがあります。仕事の仕方に関しては丸く円を描くように循環した持続可能なものづくりをしています。
retela(リテラ)
インドの伝統的プリント技法、ブロックプリントの製作過程において廃棄される下敷き布(retelaでは下敷き布をun fabricと名付け呼んでいます)をアップサイクルした「un fabric」シリーズと、インドのカディコットンを使い、un fabricの色柄をイメージしたオリジナルのブロックプリント「Kolkata」シリーズ、ジャイプルはbagru村にあるダーブ(泥防染)の下敷き布をアップサイクルした「bagru」シリーズがあります。同じ色柄はなく、全て1点物。単に廃棄される布をアップサイクルしするのではなく、世の中に存在していないとされていた、下敷き布= un fabricに対して思考(活動)を重層的にして表現していくのに、いかにクリエイティブに価値を見失わずにretelaが本来だすべき価値をブレずにだし、伝えるかを考えています。retelaが大切にしている価値感とは、「相手の分脈で理解し、相手をリスペクトする」「常識をうたがい既存の既成概念にとらわれず、見慣れているもの、当たり前にあって、見過ごされていたものを、新しいもののように観察する姿勢」です。まわりの声、常識にとらわれず自分の判断基準でものを選び、行動する。その過程で生じる愛着や、よろこび(時にはかなしみ、)といった心の動きを日常生活で感じとる力が積み重なり、いつか困難な時にきっと自分自身を救ってくれると信じています。

【もっと知りたい方は・・・】
・HPはこちら>>>https://www.retela.tokyo/
・instagramはこちら>>>retela_official

Browsing History

閲覧履歴