tamaki niime(玉木新雌) | SOUQ ZINE スークジン

Creator / Brand

tamaki niime(玉木新雌)

ファッションデザイナー

tamaki niime(玉木新雌)

兵庫県西脇市を拠点に地場産業である播州織を使った、デザイナーの玉木新雌によるファッションブランドです。

このクリエイターをお気に入りに登録する
tamaki niime(玉木新雌)
デザイナーの玉木新雌は播州織の産地の兵庫県西脇に移り住み、 自らの手で織機を使い、思い描く作品を一つづつ作り上げています。ブランドネームの由来は、新たな女性像=新しい雌=新雌=「tamaki niime」とのこと。こだわっているのは、少量多彩(作品それぞれが色彩豊かな一点物)であること、身につける人が心地よいと感じ思うことができる作品づくりです。
tamaki niime(玉木新雌)
代表作のショールは、羽のように軽やかで、自社で染色した糸から生まれる豊かな色彩は、国内のみならず海外の人たちにも愛される存在です。 カジュアルからフェミニン、子どもからおばあさんまで、スタイルや年齢を問わず似合う「tamaki niime」。ショール、布帛ウエア、ニット、カットソー、小物と多彩なバリエーションも魅力の一つです。兵庫県のJR加古川線“日本へそ公園”より徒歩5分のところに、「tamakiniime」工房兼ショップ(休:火曜)があります。

バイヤーレコメンド

先日新しくなった西脇のLabに伺いました。古いシャトル織機がガシャガシャと音をたてて生地が織り上がっていきます。外では色とりどりなショールが天日干しされて風にたなびいています。晴れた日でとても気持ちのいい光景でした。独特のふんわり感や心地よさはこうやって生み出されるのだな、と。作りたいものには妥協しないロックなスピリットも感じる玉木さんと、HAPPY感あふれるスタッフの方達が作り出す「唯一無二」を是非感じてください。

担当バイヤー:飛奈 亜矢子

Browsing History

閲覧履歴