「Fillyjonk(フィリフヨンカ)」の「石」のリング | SOUQ ZINE スークジン

「Fillyjonk(フィリフヨンカ)」の「石」のリング

「Fillyjonk(フィリフヨンカ)」の「石」のリング

石のジュエリー

『SOUQ ZINE』をご覧の皆様、こんにちは。東京駐在バイヤーの飛奈です。

石を使ったアクセサリーが好きです。
だんだんつける石のサイズが大きくなっていくのはジュエリー、アクセサリーバイヤーあるあるでしょう。
「Fillyjonk(フィリフヨンカ)」の「石」のリング
パワーストーンとも言われますが、それを信奉するという感じとは少し違い、理屈ではない、
石のそのものが持つ何ともいえない力のようなものに惹かれます。
鉱石そのものも出会いがあれば手に入れます。


そんな中、出会ったのが、『SOUQ ZINE』でもお取り扱いをしているブランド
「Fillyjonk(フィリフヨンカ)」のリングです。
「Fillyjonk(フィリフヨンカ)」の「石」のリング
花崗岩のような黒い石(まさに石!)を使ったシルバーのリング。
リング部分の細工は「Fillyjonk」らしい苔むした樹の枝やからみつく根を思わせる繊細で美しい彫りがほどこされています。
普通なら貴石とか半貴石で作るのでしょう。最初に見たときは「よくこれ作りましたね!」
と思わず言ってしまった・・・。

大きさ、形は様々で、選ぶときもその時あった全てのリングをはめてみます。自分の指のサイズに合った大きさ、デザインのバランスもみますが、どの石を連れて帰ろうか、という感覚です。
ああ楽しい!

話を聞くと、その石はデザイナー兼森さんのお父様がご実家近くの山で採っていらっしゃったもの。テンションが上がりました!
「Fillyjonk(フィリフヨンカ)」の「石」のリング
単純な経済的価値とは違う価値感。
分かってはいるけれども、強烈に再確認をさせてくれた出会いでした。


アクセサリーはまずプレゼントでもらったり、自分でのファースト買いで華奢なものからスタートすることが多いと思います。
つけ慣れてくると好きなものが分かってきて、個性的にもなっていく。華奢な一連ブレスレットがだんだんヴィンテージのチェーンになったり、重ねづけしたり。

是非色々つけてみて頂きたいですし、紹介していきたいです。

『SOUQ ZINE』内の「Fillyjonk」では、とても精緻で繊細で美しく、且つ独特の強さ、存在感もあるフラワーモチーフのアクセサリーを絶賛ご紹介中です!下記ページからぜひチェックを。

それではまた。

Creator/Brand

Fillyjonk(フィリフヨンカ)

アクセサリーブランド

Fillyjonk(フィリフヨンカ)

建築と彫金を学んだ2人のデザイナーによるアクセサリーブランド。

Recommend Story

おすすめのストーリー

Browsing History

閲覧履歴