Yokke Pokke(よっけぽっけ) | SOUQ ZINE スークジン

Creator / Brand

Yokke Pokke(よっけぽっけ)

テキスタイルデザイナー

Yokke Pokke(よっけぽっけ)

「身につけて楽しむ文化」というコンセプトで日本文化である民芸品・郷土玩具などを描き生地を制作。それらの生地を用いて職人さんと一緒にカラフルな服飾雑貨アイテムを制作しています。

このクリエイターをお気に入りに登録する
Yokke Pokke(よっけぽっけ)
Yokke Pokke デザイナー 磯野 藍。
「Yokke -よっけ-」讃岐弁で”たくさん” 「Pokke-ぽっけ-」”pocket”便利なポケット、夢のあるポケット生まれ育った香川県の方言からブランド名をつけました。 身につけた”たくさん”の方々に便利だな、ワクワクするな、など様々なことを感じてもらいたいという思いが詰まっています。 集めていた木彫りの熊をテキスタイルに表現したら面白いかなと思い、柄制作したのがきっかけで、会社勤めをしていた頃に海外生産などのものづくり経験。 いつか生まれ育った香川県の職人さんたちと何かできたら良いなという思いがありました。 プロダクト1点1点、かわいいところが出るようにアイテムのサイズ、形に合わせて柄の落とし込み、組替えをし、また使う生地や仕様に必ずさり気ないこだわりを入れるようにしています。例えば、ポーチの裏地も表生地に使用するくらいの丈夫なナイロン生地を使用していたり、ファスナーは使いやすいようにはリングファスナーを使用しています。 またポンポンもコットンの糸でオリジナルで生産しています。
Yokke Pokke(よっけぽっけ)
柄が表現しやすいスカーフ、マフラー、帆布バッグは人気アイテムで、身につけた時に楽しい気持ちになるようなカラフルに仕上げています。 スカーフやマフラーは柄が大きく、色も大胆になり個性的だと思われがちですが、実際身につけるとお洋服に馴染むように工夫しています。 いくつかは見てすぐに何の柄か分かるように作っているのですが、なるべく絵を描く際にキャラクター感があまり出ないように心がけ、参考にしているモチーフと真逆の色を入れるようにしています。柄を見たときに、これは何の柄だろうというものが多いのでそれを楽しんでもらいたいと思っています。また手袋やマフラーは職人さんの技術が詰まっているので、手に取る機会がありましたら細部まで見ていただきたいです。 (刺繍手袋だと親指まで刺繍が入っていたり、マフラーだと手縫いで最後仕上げていただいています。)

【もっと知りたい方は・・・】
・HPはこちら>>>https://www.yokkepokke.com/

バイヤーレコメンド

「せっかくやるなら地元の職人さんとものづくりがしたい」YokkePokkeの手袋がうまれる東かがわ市の工場を見学させて頂いた時に磯野さんはそう教えてくれました。 メイドインジャパンがもてはやされる一方で、国内産地の後継者問題は深刻です。厳しくなってしまった産業を後継することはできなくても、身につける「たのしさ」を生み出し、 ものにまつわるストーリーを伝え続けることが私たちの役目だと、改めて教えてくれた磯野さん。今後の作品も楽しみです!

担当バイヤー:金子 日奈

Browsing History

閲覧履歴